NHK 日本語訳

[기고-이철우] 위안부 문제 발상전환 필요하다,국민일보

[寄稿-イ・チョルウ]慰安婦問題発想転換必要だ,国民日報

米国は本当に妙なところだ。 アジアでは韓国と日本が間が冷たくてもマンハッタン真中で会えばたとえ話は英語でだが、いつのまにか同類意識を感じることになる。 このような出会いが度重なりながらいつのまにかNHK、共同通信、毎日、朝日新聞など日本の主な報道機関特派員らと厚い関係を持つようになった。 初めて日本報道機関と会うようになったことは去る1月7日ニューヨークの慰安婦期リム費の前からだ。 ニューヨーク州上下院で‘慰安婦決議案’を通過させると記者会見をするのに突然にNHK特派員が現れたのだ。 非常に当惑した。 幸い後ほど交わした対話を通じて日本言論らと知識人は慰安婦イシューが日本のイメージをどれくらい悪くして長く消すほど日本に役に立たないという事実をよく認識しているということを知るようになった。 その後NHKはニューヨークの慰安婦期リム費設立とニューヨーク州上.下院で通過した慰安婦決議案に対して詳細に日本視聴者たちに知らせてくれた。

NHK特派員が東京で帰任する歓送式でNHK新しい特派員と違った日本言論特派員に会ったがこれらは慰安婦イシューに対する自分たちの率直な意見を表明してくれた。 これらはアベ政権が推進している対外政策に賛成しないと言いながら日本の政界が慰安婦問題に対して持っている態度と問題点などを説明してくれた。

最初に、日本の政界は慰安婦問題を領土問題と緊密に連結された問題で認識していて、この問題を置いて韓国や中国などアジア国家の干渉や要求のために解決したという認識を与えなくする態度が強いということだ。 したがって韓国政府や市民団体がどんな強い要求をしても絶対に変化を期待できないということだ。 ただ米国の要求や米国市民社会の意見は敏感に反応して、徹底して聞く準備ができていて、また、常にそのようにしてきたということだ。

二番目、日本の政界は慰安婦問題のために日本が失っている国際的な信頼やイメージ損傷に対してまともに認識できずにいて、自分たちの先祖を恥をかかせて自尊心が傷つけられることだと思い違いしているということだ。 国際社会は日本がドイツのように慰安婦問題を真に反省して補償すれば日本政府の勇断を評価して拍手するだろうという事実を認識できずにいるという話だ。

したがってこの問題は韓米公共政策委員会のような米国の韓国人市民団体が米国社会と政界そして言論を動かして慰安婦問題が普遍的人権と女性の権威という米国の重要な民主主義的価値に違反する問題で浮上させて世論化して、日本言論を通じて日本の市民社会と政界に知らせて教育させて圧力を加えれば解決の糸口が見えることだと同意を集めた。

慰安婦問題は私たちの民族の胸中に依然として残っている痛みだ。 国がない民がどれくらい被害と侮辱を受けるのかまざまざ見せた事例だ。 しかももう生存者方々はあるくやしい方亡くなって二分の平均年齢が88才で時間まで私たちの方でない。 この方がみな亡くなったら日本政府が謝罪をしても誰が聞くことであり、補償をしても何の意味合いがあるだろうか?

慰安婦問題は領土問題とは違い米国と国際社会の支援を十分に受けることができてまた、日本の政界を説得すれば解決が可能なものと見られる。 そうなると韓日首脳会談を開催する名分もできることで韓国・日本間他の懸案を解くことができる出発点になることができるだろう。

イ・チョルウ アメリカ韓国人総連慰安婦特別委員長

(恣意的訳を避けるため、エキサイト翻訳そのままを転載しています。)



  • 最終更新:2014-01-28 05:19:50

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード