頑張っている企業

産経新聞 河野談話を検証

慰安婦報道 産経vs朝日 河野氏を国会に呼んで決着つけましょう[1][2][3][4][5][6]


ゆうちょ銀行、徴用朝鮮人の郵便貯金の支払いを拒否

ゆうちょ銀行福岡貯金事務センター(福岡市)が、日本統治時代に強制徴用されたとする朝鮮人労働者の郵便貯金通帳を数万冊保持することについて、同行は2013年10月29日までに共同通信の取材に、これらの払い戻しは難しいとの認識を示した。
同行は朝鮮人労働者への預金の払い戻しについて、「一般論として(個人の請求権は消滅したとする1965年の)日韓請求権協定で完全かつ最終的に解決している」との立場を明らかにした。また通帳の返還については、同行は「所有権を弁護士に相談中で、答えられない」と述べたという。

参考文献




カゴメが福島産トマト100%のジュース発売

カゴメは2013年11月26日、福島産のトマトを使用した「ふくしま産トマトジュース 食塩無添加(濃縮トマト還元)」を発売する。同社が福島産の加工用トマトを使用するのはこの製品のみで、ほかの製品には使用しない。
カゴメは2011年度以降、福島産加工用トマトを製品に使用していないが、これまで契約栽培農家の協力も得ながら、試験栽培などの取組みを行ってきた。そして、畑の土壌から製品に至るまでの一貫した品質保証体制のもと、十分な安全性が確認されたため、今回、「ふくしま産トマトジュース 食塩無添加(濃縮トマト還元)」として商品化する運びとなった。
使用するトマトは、ジュース専用品種の“凛々子”。適度な酸味とさっぱりした味わいが特長だ。契約農家と共に育てた“福島のおいしさ”を届ける。

なお、この商品については、売上の一部を公益財団法人みちのく未来基金(カゴメ、カルビー、ロート製薬が、東日本大震災で被災し、両親またはどちらかの親を亡くした子ども達の進学を支援するために設立した奨学基金)に寄付する。

参考文献




皇紀・旧暦表記のカレンダー!(株)フローラ

会社名 株式会社 フローラ
所在地 〒510-0855 三重県四日市市馳出町3-39
電話番号 059-345-1261
FAX番号 059-345-4164
URL 株式会社 フローラ

こちらの会社が皇紀・旧暦表記のカレンダーを配布されたとの事。
日本を愛する会社はもっと日本人が支えるべきですねっ!

皇紀(こうき)とは

神武天皇即位紀元(じんむてんのうそくいきげん)の事で、初代天皇である神武天皇が即位したとされる年を元年(紀元)とする、日本の紀年法。
神武天皇即位紀元の元年は、キリスト紀元(西暦)前660年で、西暦2013年は、皇紀2673年。
日本にはそれだけ長い歴史があるという事が分かりますね。
詳しくはWikipedia神武天皇即位紀元をご覧ください。



日本通信と角川グループ

日本通信は2013年10月17日、台湾から訪日する旅行者向けのSIMカードを発売すると発表した。台湾で販売するため、訪日した旅行者は日本に到着してすぐにデータ通信が可能になる。

販売を開始するのは、台湾からの短期滞在の訪日旅行者に特化したSIMカード「台灣VISITOR SIM」で、2013年11月に提供を開始する予定だ。台湾での販売はKADOKAWAグループが行う。台灣VISITOR SIMは、台湾からの訪日旅行者の旅行期間に適した5日間にわたり、日本国内でデータ通信ができる。追加料金の支払いで、1日の延長が可能。

また、KADOKAWAグループの台灣角川および角川アスキー総合研究所とのコラボレーションにより、台湾で販売されている日本旅行情報誌「JAPAN WALKER」(台灣角川発行)のコンテンツのうち、日本での緊急連絡先などの安全情報や、日本の旅行情報にアクセスできる機能を備える。年間200万人以上が訪日するという台湾でSIMカードを販売することで、訪日旅行者の利用を拡大したい考えだ。

参考文献




ダイキン、国内に生産回帰

ダイキン工業は中国・珠海格力電器(広東省珠海市)に委託している日本国内向け家庭用エアコンの一部生産を滋賀県の自社工場に戻す。現在はボリュームゾーン機種について年間80万台規模で委託している。このうち同25万台分を2014年1月から滋賀製作所(滋賀県草津市)に移管する。為替が円安傾向にあることや、中国からの輸送日数などの現状を踏まえ、生産の国内回帰を決めた。サプライヤーを含めて生産体制を見直し、価格競争力などを維持する方針。

円安傾向を受けて輸入部品が割高になったことから国内部品の調達を拡大するなど対策を進めてきたが、コスト競争力を考慮して普及価格帯機種の国内生産回帰にまで踏み込むことにした。

参考文献




日本生命、富国生命保険、三井生命保険 反社会的勢力排除

日本生命保険の清水博取締役常務執行役員は2013年11月27日の業績発表の記者会見で、信販会社を通じた提携ローンの一部に関し、自社による事前審査を始めたことを明らかにした。これまでは信販会社に全面的に任せていたが、反社会的勢力を排除する目的で審査を強化する。

清水氏は、日本生命による事前審査に協力が得られていない信販会社に対しても「年度内をめどに実施できるよう協力を求めている」と述べた。

日本生命の提携ローン融資残高は約8千億円ある。社内調査で反社会的勢力に該当する融資先は確認されなかったという。

富国生命保険、三井生命保険も同27日、自社による事前審査に向けて信販会社と協議を進めていることを明らかにした。

参考文献




21行が信販提携ローン見直し、調査

全国の地方銀行・第二地方銀行計105行のうち、2割に当たる21行が信販会社との提携ローンを現在手掛けているか、過去に行っていたことが25日、時事通信の調査で明らかになった。このうち6行で暴力団組員ら反社会的勢力との取引が判明。みずほ銀行の問題融資放置をきっかけに、提携ローンの見直しや同勢力排除の取り組みを地銀・第二地銀が強めつつあることも鮮明になった。
調査は全105行を対象に2013年11月1~25日にアンケート形式で実施。みずほ銀とオリエントコーポレーション(オリコ)の提携ローンで問題となった、信販会社が融資審査・返済保証を行う「4者型提携ローン」の有無などを質問、全行から回答を得た。

参考文献




東芝が中国でのテレビ生産を年内に終了

東芝は2013年11月29日、中国大連市にあるテレビ工場の生産を年内で終了すると発表した。従業員約900人は解雇する。同工場は日本国内向けの中大型液晶テレビの生産拠点として機能してきた。

東芝ブランドの国内向けモデルは今後、全面的に他社に委託生産する態勢に切り替える。

中国工場の閉鎖に続き、同社はポーランド工場を2014年1~3月に台湾企業に売却する。同社のテレビ事業は13年9月中間期に100億円以上の営業赤字を計上しており、通期での黒字化達成に向け、事業構造改革を急いでいる。

参考文献




世界のリチウムイオン電池市場、日系勢力が侵食中

米国の自動車用リチウムイオン電池の市場で日本メーカーは売上高全体の77%という圧倒的なシェアを握るまでに成長した。三洋電機のシェアは韓国LG化学の約2倍。過去2年間で日本のリチウムイオン電池メーカーは韓国市場でもシェアを広げており、今後3年間で韓国に完勝し、市場をリードする可能性がある。コモディティー情報の中国・生意社が23日伝えた。
米電気自動車(EV)大手のテスラ・モーターズは先ごろ、日本のパナソニックからリチウムイオン電池20億個を調達する契約を交わした。パナソニックの売上高は70億米ドル(約7300億円)にも上るとみられる。また日産自動車とNECの合弁メーカーである「オートモーティブエナジーサプライ(AESC)」は日産に対するリチウムイオン電池の供給を大幅に増やす。日産のEV「リーフ」は米ミシガン州で工場建設を開始したという。

参考文献




日本車メーカートヨタ、ホンダ、スズキ

尖閣問題をめぐり中国各地で大規模な反日デモが発生した2012年9月以来、中国での日本車の販売は大きく落ち込んでいる。10月の販売状況を見ても下降状態は回復するどころか、さらに悪化しており、この状況は日中関係が改善しないかぎり今後も続くと思われる。そのため、世間では「日本車メーカーは意気消沈している」といった見方が一般的だが、私はそうは思わない。日本企業の危機管理能力には頭が下がるし、危機に際してうまく立ち回ることにより、優秀な企業は長期的に素晴らしい製品を生産することができるのだ。

日本車は08年の中国国内シェア30%をピークに下降を続け、2012年8カ月の市場シェアは22%にまで下がった。日本車メーカーの多くは、同じく日本車の日産やフォルクス・ワーゲン、ゼネラル・モーターズのように生産の拡大や、中国人消費者の好みに迎合した新型車の開発などを行っておらず、これがシェア低下の原因になっている。日本の自動車メーカー7社のうち、日産を除く6社の中国戦略は積極的とは言い難いものだった。

特にトヨタ、ホンダ、スズキの中国における企業戦略は保守的そのものだった。なぜなら、これらの企業は合弁相手の中国企業に対しても、中国市場の持続的発展性について常に不信感を抱いているからだ。日産は日本企業といっても実際は日本企業ではない。仏ルノーが株式の36.8%を掌握しており、ルノー会長兼CEOのカルロス・ゴーン氏が社長に就任して10年になる国際企業だ。このため、日産の中国戦略は他の日本車メーカーに比べて非常に積極的であり、現地生産、現地販売をモットーにしている。

トヨタ、ホンダ、スズキの3社は中国企業との合弁に際して、対等の立場を求められるのを嫌った。しかし中国市場での成功を手に入れたい3社は、この市場に対して常に「つかず離れず」の関係を維持していたのである。さらに中国政府の規定では日本企業に対し、合弁相手の中国企業への一定の技術譲渡を義務づけているが、前述の3社はそれを実行することはなかった。

尖閣問題が原因で、中国での日本車の販売が大きく落ち込んだのは事実だ。しかし、前述の3社がこれまでにとってきた保守的戦略が功を奏する時が来た。さらに日中関係が悪化し、日本車メーカーが中国からの撤退を余儀なくされたとしても、もともと中国を信用していなかったトヨタやホンダはいつでも中国と「離婚」できるよう準備をしていたからだ。これらの企業は中国での投資分をすでに回収しており、たっぷり稼いで自分たちの技術はしっかりと守り通した完全な勝利者なのである。

20年に及んだ合弁政策で、中国の自動車メーカーはただ生産することだけを学んだ。技術やブランド、製品から離れてしまった自動車メーカーは単にスクラップ置き場でしかない。つまり未練があるのは日本の自動車メーカーではなく、中国の自動車メーカー側ということだ。

参考文献




福島産バターの使用決めた「銀座ウエスト」

リーフパイで有名な老舗洋菓子店「銀座ウエスト」が菓子に使用するバターの一部を福島産に切り替えると告知したところ、大きな反響を呼んでいる。

公式ツイッターアカウントには一部の人たちから問題視する声が相次ぎ寄せられることとなったが、その後も社としてのスタンスを表明。揺るがない姿勢が多くのファンから支持されている。

同社は2014年9月3日、看板商品のドライケーキ「ヴィクトリア」と生ケーキ用バタークリームに使用する無塩バターの約27%について、9月1日以降の仕入れ分から福島産原乳を使用したものに変更するとツイッター上で告知した。

福島県内の各乳業施設は毎週1回、放射性物質調査を実施している。牛乳のセシウム(134、137)基準値は50Bq/kg。検出下限値は測定条件や測定試料によって毎回異なるが、ここ1年の値を平均すると2~4Bq/kg程度だ。調査結果をみると、飯館村の乳業施設で5Bqのセシウム137を検出した2011年5月以降は検出下限値を下回っている。

銀座ウエストはこの調査結果に触れた上で、

「科学的根拠に基づき、安全が確認されている以上、いたずらに福島産食品を敬遠する事は風評被害を拡大することにほかなりません。ウエストでは安全が確認された福島産食品を今後継続使用していくことを考えております」

と表明した。

管理人から一言

リーフパイだけじゃなく、ダークフルーツケーキもすごく美味しいですよっ!!
手ごろなお値段で高級なお味なので、ちょっとした手土産にも最適です!!

参考文献




富士フイルム―エボラ熱治療

アビガン

富士フイルムは2015年2月5日、インフルエンザ治療薬「アビガン」のエボラ出血熱に対する臨床試験(治験)で、治験を主導するフランス国立保健医療研究所(INSERM)から「有望な結果が出てきている」との連絡を受けたと明らかにした。

仏大統領府の発表によると、2014年12月の治験開始から80人に対しアビガンを投与した結果、死亡症例が減り、治癒が加速しているとみられるという。治験はエボラ出血熱が流行している西アフリカのギニアで、INSERMが現地政府などと共同で実施している。

アビガンは富士フイルムのグループ会社、富山化学工業が開発し、日本でインフル薬として承認を受けている。エボラ熱に対しては未承認だが、欧州などで患者に投与した例がある。

エボラ熱の高速診断システムを開発

富士フイルムは2015年2月3日、フランスの公的機関とエボラ出血熱を迅速に診断できるシステムの共同開発に乗りだすと発表した。富士フイルムが持つ微量のウイルスでも高速にインフルエンザを診断できるシステムを応用し、感染症や微生物学分野で最先端の研究を行う仏公的研究機関バイオアスターと組み、エボラウイルスを15分~30分程度で診断できるシステムの開発を目指す。2015年内に技術の確立を目指す。

エボラ出血熱の大規模拡散を防ぐためには、治療薬やワクチンの開発が求められる一方で、感染者の早期発見も重要な課題で、今回新技術の開発に着手することにした。

今回は、富士フイルムが2011年に開発し、一般的な診断薬を用いる場合と比べ約100倍の高感度でインフルエンザウイルスを検出でき、簡単な操作で3~15分と短時間で判定結果が得られるインフルエンザ診断システムを応用する。同システムは、鼻水などを検体に活用する仕組みだが、エボラ向けシステムでは、血液を検体に用いても高感度、高速診断ができるようにする。また、バイオアスターが作製、評価するエボラウイルスの優れた抗体を用いることで、現在、エボラウイルスの確定診断に利用されている遺伝子検査と同等の高い診断能力を持ちながら、簡便で速く、小型で持ち運びしやすいエボラ出血熱の診断システムの開発技術を確立する考え。

参考文献




  • 最終更新:2015-02-24 19:35:27

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード