資料 リンク


慰安婦問題


朝鮮学校調査報告



安倍晋三首相




特定秘密法案関連

  • 酒井充 欺瞞とご都合主義に満ちた特定秘密保護法への批判[1][2][3][4][5],産経ニュース2013.12.8配信・魚拓[1][2][3][4][5]

  • 【阿比留瑠比の極言御免】メディアの煽りと恣意性-慰安婦報告書非開示にはなぜ沈黙するのか[1][2][3],産経ニュース2013.12.12配信・魚拓[1][2][3]


アベノミクス効果



靖国神社参拝


安倍政権1年目で成し遂げた事

  • 株価8000円台 → 16000円代へ
  • アベノミクス展開
  • 参院選 議席過半数獲得
  • 冷え切った外交 → 外遊関係予算が枯渇するほどの外遊
  • 特定秘密保護法成立
  • NSC設置
  • 靖国参拝


中国進出の日本企業に「撤収」

安倍晋三首相が与党内、さらに米国の反対を押し切り、首相在任中の靖国神社参拝を決行した。そして懸念されていた通り、中国、韓国は猛反発し、亀裂はいっそう広がった。もちろん、安倍首相としては織り込み済みだろう。
「対話のドアはつねにオープンだ」
安倍晋三首相は今まで、何度このフレーズを口にしてきただろうか。悪化の一途をたどる中国、韓国との関係について語るときは、必ずと言っていいほど飛び出してきた。まるで「日本は柔軟に対応するので、もっと歩み寄ってほしい」と言わんばかりだが、これが単なるポーズで、本人にそのつもりはまったくないというのが、永田町の定説だ。
つまり、日中、日韓関係が好転する気配など、どこにもないということだ。両国に縁のある日本企業は多いが、安倍首相のポーズに惑わされずに早く対策を練らないと、思わぬ憂き目に遭うかもしれない。

さらに安倍首相の“暴走”は続く。ここにきて、中国に進出している日本企業の幹部に対し、首相周辺がハッキリと「撤収」を促し始めたのだ。今後、韓国は経済危機によって日本に頭を下げてくるかもしれないが、中国との冷戦状態は間違いなく長期化する――。そんな予測を披露しているという。つまり、日中関係を改善する意欲がないと、公言しているも同然なのだ。

もっとも、尖閣諸島の国有化と前後するように、反日感情の高まりに悩む日本企業が中国から脱出するケースは増えている。ヤマダ電機は南京と天津、三越伊勢丹は遼寧省の店舗を閉鎖。無印良品や紳士服の青山、ワコールは、中国における生産比率を下げた。ほかにも楽天などが、中国での事業縮小を決断している。もちろん労働コストの高騰、中国市場バブルに対するリスク回避、といった理由もあるが、ある会社の役員は「撤退の決定打になったのは現地の冷たい目」と明言する。

参考文献



安倍総理大臣演説



原発について

放射能のホントの話【服部禎男先生の漫画】

2ちゃんねるでのおススメコメント
服部さんの著作もオススメ
放射能の誤解が解け、むしろ日本は第四世代原発で世界をリードする立場であることがよく分かる
今原子力を放棄してしまったら、すで出来上がっている超安全な新世代原発の技術がパアになってしまう



沖縄―女子学徒隊



安倍総理や日本政府が今何をやっているのか

ダイヤモンドセキュリティ構想や経済連携についてを考えながら、
以下の他国との交流実績発表をご覧ください
※マスコミでは発表されないことが多くあります




  • 最終更新:2014-07-26 23:51:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード