護国はまず家庭から

日本でも増えている性暴行。
自分は男だから関係ないではなく、もっと男も女も「知識」を持つべき。
被害者に対して周囲の人間の心無い言動で2次的被害を増やさないためにも。



【目次】


知識として知るべき






女性にアドバイス

  • 自分を守るのは自分です。
  • 自分のパートナー以外の男性と密室で二人きりにならないように気を付けましょう。
  • 残業など
    • 可能なら次の日の朝早く出勤して仕事をしましょう。夜よりは安全です。
    • どうしても残らなければならない時は異性と二人きりで残る事が無いようにしましょう。
    • どうしても異性と二人きりになる場合、窓やドアを開けておきましょう。(悲鳴が他の人に聞こえるように)
  • 遅くなった事を理由に送ってもらう場合
    • 車は後部座席に座らせてもらいましょう。
    • お礼は後日人のいる所でプレゼントの形で。決して家に上げてはいけません。
  • 必要以上に体を寄せてきたり、触れてくる異性には用心し、時に丁寧に「不快」であることを伝えましょう。
  • 知り合ったばかりの異性には特に注意しましょう。
  • 抱き着かれたり、押し倒されそうになった時にはすかさず悲鳴を上げましょう。
  • 悲鳴が上げられない、上げても誰も聞こえない状況の場合、とにかく抵抗しましょう。
    • 過剰防衛と言われる事が無いように注意。
    • 顔への攻撃は相手もひるむので有効です。
    • 頬などを思いっきり引っ掻きましょう。爪に皮膚、血液が残れば証拠になります。顔に引っ掻き傷の付いた人は見れば一発で分かるので、犯人逮捕にも役立ちます。


男性にアドバイス

  • 時に男性を陥れようとする女性がいるのも事実です。やはり自分は自分で守りましょう。
  • 積極的な女性が本当に日本人女性かどうかは要確認です。自分の持つ日本国籍が悪用されないよう気を付けましょう。
  • 褒め称えられ、好意をアピールされると嬉しくなりますが、一度冷静になりましょう。
  • 女性の評価は女性に聞くのが一番です。信頼できる人(できたら身内)に相談しましょう。
  • 自分が結婚している場合、自分の言動が奥様を傷つける事が無いかよく考えましょう。
  • 自分が相手にしようとしている事は、自分の母、姉、妹、妻、娘に対してされても許せる事でしょうか?
  • 社内や仕事相手
    • 周囲や奥様、本人に誤解を与えるような言動は慎みましょう。
    • 異性から相談を持ち掛けられた時には二人きりにならないようにしましょう。
    • 電話での相談は受けないようにしましょう。
    • どうしても二人で話さなければならない状況が生じたなら…
      • ドアや窓を開けておく
      • 別の部屋から見えるおおきなガラス窓のある部屋で話す。
      • 対面で座り、姿勢をきちんと正して話す。
      • 相手の目を見て話すとは言いますが、目と目の間、鼻の付け根を見て話しましょう。瞳をのぞき込むとロマンチックな気持ちが起きやすくなります。
  • 相手を送る場合
    • 車ならば、相手の女性に後部座席の対局側(右ハンドルなら左後ろ)に座っていただきましょう。
    • 出来るだけ明るい場所に車を停め、女性が無事帰宅出来たことを確認したならすぐ立ち去りましょう。
    • 挨拶は短く、ビジネスライクに。
    • 「お礼にお茶でも…」と誘われても断りましょう。どうしてもというならランチ、あるいは休憩の時に同僚と一緒に複数人でお茶をしましょう。
  • パートナーではない異性にロマンチックな気持ちを抱きそうな時
    • もっと他にやるべき事務的な事で頭をいっぱいにしましょう。
    • 妻や子の事を考えましょう。


親の立場である方々にアドバイス

  • 自分の子供は親が守ってあげなければ、他に誰も信用できません。
  • 子供の行動をきちんと把握しましょう。
  • 時に古臭いと言われても、注意すべき事はきちんと注意しましょう。(特にお父さん)
  • FREE SEXは日本破壊を企む左翼思想の一つです。自分の息子や娘に身持ちを固くするように教えましょう。
  • 一日の終わりに、その日学校であった事、その他であった事などを子供に話させるようにしましょう。(強制的に話させるのではなく、自然に)
  • 思春期の子供が自分の事を話してくれないと感じる時は、まず自分の事を話しましょう。
  • 親は子供たちにとって、保護者であり、一番の友人であり、一番の味方である必要があります。
  • 悪い事をした子供はきちんと叱りましょう。我慢が出来ない、善悪の判断が出来ない大人になってしまわないように…。


子供の皆さんにアドバイス

  • 周囲に誰もいない場面では、自分を守るのは自分です。
  • 相手が先生であっても、服を脱がそうとしたり、体に触ろうとしたりする人がいたら必ず信頼できる大人に報告しましょう。(特に親に報告しましょう)
  • 無理矢理服を脱がそうとしたり、体に触ろうとしたりする人がいたら悲鳴を上げましょう。
  • どこかに連れて行こうとする人に対しても同じです。悲鳴を上げたり引っ掻いたりしましょう。
  • 学校から帰ったら今日一日あった事をご両親に(せめて片親でもいいから)報告しましょう。
  • 好きな相手ならSEXしてもいいのでしょうか?
    • その人とは将来必ず結婚すると言えますか?
    • 自分を安く扱う事はやめましょう。
    • 望まない事を「好きなら…」と脅してくるような相手はあなたの事を大事に思っていません。
    • 将来結婚する相手の為に清い心と体を保ちましょう。相手も清いままで伴侶を得る権利があるのです。その権利を自分が奪ってしまう事がないようにしましょう。
    • 雑誌やテレビでマスメディアは日本人の若い子を対象に破壊工作を行っています。特に性は容易に陥れられるお手軽アイテムと思っています。日本のために何ができるか、と考えているのならば、まずは自分自身を守る事から始めましょう。
    • 時間が経っても人が重力に逆らえないのと同じように、また、時間が経っても人が水や空気や光を必要としなくなる事が無いのと同じように、男女の幸福に関わる真理も時間と共に古くなることはありません。昔の人の知恵に耳を傾けましょう。
  • いじめも護国につながらない
    • 複数人で一人を囲んで追い詰める卑怯ないじめ…そんな提案をするのは本当に日本人ですか?
    • 日本人同士で傷つけあう事はやめましょう。
    • 個性や好みや行動に違いはあっても大半が「個性」です。信頼し合える交友関係を築きましょう。
    • 日本を破壊したがる人たちは「日本人同士がいがみ合えばいい」と思っています。その策略に陥らないようにしましょう。
    • 助け合い、思いやりは日本人の美徳です。失わないよう努力しましょう。


今、日本の学校で何が起きている!?

以前から日本の大学サークルの一部に、日本人女学生を在日、或は韓国人男子学生に食い物にさせる目的の“表向き健全な”「ヤリサー(ヤル事が目的のサークル)」があると噂されていました。
在日女子学生(日本人になりすましている)が日本人女子学生と友達になり、サークルや飲み会に誘い、飲み物に睡眠薬を入れて昏倒させる。それを在日・韓国人男子が集団で強姦するという。
最近では、被害者日本人女子学生はその時の様子を画像や映像に撮られ、脅され、金品を要求されたり、売春を強要されたりして、その後の人生をめちゃくちゃにされたり、がんじがらめにされたりする例もあると聞く。
それを裏付けるかのような事件が起きたのです。
2014年6月20日の深夜、ツイッター上で「大勢の若い女性が路上に倒れている衝撃的な画像」が流れてきたのです。
そして、この事件に関しては恐ろしいほど静寂を保ったままのテレビ報道…。
ネットではかろうじてその記事を探す事ができる程度。
その記事をここに保管し、まとめられたサイトのリンクを貼っておきます。
どうぞ皆さん、それをご自分の目で確認し、自身とご自分のお子さんを守ってください。

【ニュース記事】

【まとめサイト】

怖いのは大学だけではありません。
いじめや「お小遣い稼ぎ」と称して日本人女学生をレイプさせたり、望んでもいない援助交際を強要したりする事件は高校、中学、時に小学校でも起きているようです。
親の方々は自分の子供はまだ小さいなどと思わず、こうしたことが自分の子供の身の回りで起きていないか、常にチェックしましょう。
特に親が共働きで家におらず、子供がどこで、誰と、何をしているかを把握しようとしない家庭は狙われやすいと言えます。
毎日子供と「今日は何処で、誰と、何をしたのか」話し合いましょう。
子供の皆さんは、そうしたいじめが起きていないか注意し、起きているようなら信頼できる大人(特に両親)に相談しましょう。
そして決して自分がそのいじめの加害者に加わることがないようにしましょう。
友達から「楽にお小遣いが稼げる」と誘われても決してその誘いに乗らないようにしましょう。
世の中に「楽しておカネをもらえること」はないのです。
そのようないじめをする子や、誘いをする子からは勇気をもって離れましょう。
毎日、お父さんやお母さんに「どこで、だれと、なにをしたか」を話しましょう。
みんなで協力し合って日本を守りましょう!



  • 最終更新:2014-06-29 05:25:24

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード