自衛隊

インドからお誘い

小野寺五典防衛相が2014年1月6日にニューデリーで行ったインドのアントニー国防相との会談で、米国とインドが定期的に実施している海上合同演習に海上自衛隊の参加を求めていたことが分かった。

PTI通信が12日に報じたインタビューの中で、小野寺氏が明らかにした。

実現すれば海洋進出を活発化させる中国を刺激するのは必至だが、小野寺氏は「(合同演習は)特定の国を標的にしていない。シーレーン(海上交通路)の安全のための友好国間による演習で、重要だ」と語った。

参考文献




日本の海上自衛隊は世界5強

日本の海上自衛隊の実力は世界の5強に数えられ、北方四島の強奪も難しいことではない、とロシアメディアが報じている。2014年1月15日付で新浪軍事が伝えた。

記事によると、日本の自衛隊の戦闘能力は米国を除く他のいずれの北大西洋条約機構(NATO)加盟国をも上回っているが、近隣の中国、韓国、北朝鮮、ロシアの戦闘力も決して弱小とはいえない。特に中国は10年以内に日本を脅かすレベルに向上する。そのため、自衛隊は将来、米国の支援に頼らず、自力で外部からの侵入を防ぐことができる力を持つようになると記事は予測する。

その上で、記事は「自衛隊は陸海空の実力を増強し、積極的に進攻することを画策している。海上自衛隊の実力は世界の5本の指に入り、極東を封鎖する任務も難しくない」と警戒感を示している。

参考文献




自衛隊からの、感謝と親切の連鎖

自衛隊からの、感謝と親切の連鎖(涙が出そうになった日本人の逸話)Ich bin Japanerinさんブログより

いいですね。
海外で悪い事をしては日本人に成りすます韓国人がいる事を考えると、この自衛隊のやり方に日本人も見習ってみるといいかも…。
外国の方に感謝されるような場面に遭遇したら、「あなたの国にいる、あるいはあなたの国を旅行している日本人が困っていたら助けてあげて欲しい。」
自分が感謝を受けるより、他の日本人の為に…これが日本人の本来の精神な気がします。

他にもなぜか泣けてしまったエピソード。
直立不動で敬礼(涙が出そうになった日本人の逸話)




  • 最終更新:2014-05-28 01:26:27

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード