翻訳ページ

このページは記事内の外国語記事をエキサイト翻訳で訳した内容を貼っています。
多少日本語におかしな点があります事をご了承ください。

日細川前総理"韓日併合強制されたこと"


"天皇早急な韓国訪問望ましい事"
"在日韓国人に地方参政権付与しなければ"

(東京=聯合ニュース)キム・ジョンヒョン特派員=日本の細川モリヒロ(細川護煕.72)前総理が韓日併合は日本の武力(無力)によって強制されたことで菅直人総理が談話で併合の強制性を認めないことに対して物足りなさを現わした。

細川前総理は14日報道された朝日新聞とのインタビューで菅総理の韓日併合100周年談話に対して"大きい一線を引いた談話"と評価しながらも"もう少し前に進むことがどうだっただろうか考える"としながら"(韓日併合は)力を背景に強制された条約だった"と話した。

日本国王の訪韓問題と関連しては"天皇が米国とヨーロッパ、中国、東南アジアなどを訪問しながらも韓国だけ訪問しないのは順序が誤った"と指摘して"経費(警備)に対する心配などがあるだろうが早く訪韓する方が良いと考える"と明らかにした。

細川前総理はまた、在日同胞の地方参政権付与問題に対して"被選挙権まで与えるのは違和感があるだろうが納税をしている人にソンゴグォヌルを与えないのは問題がある"としながら"特に(2次世界大戦以前に)日本に来た韓国人子孫には投票権を与えなければならない"と強調した。

細川前総理は就任記者会見当時2次世界大戦を'侵略戦争'と発言して波紋をもたらしたのと関連"常識的に中国と韓国、東南アジアに大きい苦痛と犠牲を誘発しただけ胸に手をおいて思案して見れば侵略ではなかったということはできない"と回顧した。

彼は"2次世界大戦当時を見ても偏狭なナショナリズムがかえって国家を危機に陥れた"としながら"真のナショナリズムは相手の立場で私利(事理)を考えること"と強調した。

両国が尖鋭に対立している独島(ドクト)問題に対しては"これは歴史解釈が難しい部分なので互いに可能な限り感情を抑制する態度、大人っぽい対応が望ましい"としながら"現在としてはこの問題を留保すること他に現実的解決方法はあまりなく見える"と話した。

細川前総理は1993年11月慶州(競走、傾注)を訪問、キム・ヨンサム当時大統領との首脳会談で"日本の植民地支配によって韓国人が母国語教育機会を剥奪されて名前を日本式で改名されたし従軍慰安婦、 徴用などの色々な形態で苦しさと悲しみにあったことに対して加害者として心から反省して深い謝罪を差し上げる"と明らかにして1995年村山(村山)談話の土台を作ったという評価を受けている。

細川前総理は壬辰倭乱当時豊臣豊臣秀吉のミョンによって朝鮮侵略戦争に参加した熊本(熊本)の営主人細川が(家)の18台当主だ。

彼は政界から引退した後陶芸家で活動していて特に朝鮮チャッサバル(タワン:茶碗)に心酔して2年に一回ごと慶南(キョンナム)、山清(サンチョン)を訪問して直接チャッサバルを焼いている。



NYの韓国人老人たちが朝から閉店までマクドナルドを占拠


NYT ‘マクドナルドが敬老堂? ニューヨーク韓国人老人たち席の争い葛藤’

韓国人老人たちに常連憩い場で人気を呼んでいるニューヨーク プルロシンのハン・マクドナルド店が席の争いで葛藤を生じさせているとニューヨークタイムズが特筆大書して関心を集めている。

タイムズは15日Aセクション18面にあげた‘マクドナルドの席の争い’題の記事で韓国人老人たちが好んで訪ねるマクドナルド店のめったに見ない‘紛争’を紹介した。 問題のマクドナルド店はノドンブルロバドゥとパスンスブルロバドゥ入口に位置した比較的小さい売り場だ。

こちらではいくつかのグループの韓国人老人たちが色々時間談笑を交わす姿をありふれているように発見する。 事業主は老人たちがミディウムサイズ コーヒー(1.09ドル)やフレンチフライ(1.39ドル)をさせておいてほとんど一日中留まって他のお客さんが席がなくてそのまま戻ると不平を言っている。 一部はドアを開ける午前5時から入ってきて夜が深いように座っていたりもするということだ。

マクドナルド側は‘注文した飲食品を20分内に終わらせてほしい’という案内文を掲示して時間がたくさん経過した顧客に出て行くことを要求している。 イ某(77)氏は去る3日2時間余を座っていて出て行ってほしいという要求に路地を一度回って再び入ってきて同じ席に座った。

チェ・某(77)氏は“見てください。 このように多くのコーヒーをどのように20分内に飲みますか。 それは不可能です”として事業主が行き過ぎた要求をしていると抗弁した。

ニューヨークタイムズは韓国人老人たちがイ・マクドナルド店にき始めたことは約5年前からジマン事業主と葛藤が高まったことは数ヶ月前だと伝えた。 出て行ってほしいという事業主の要求に韓国人老人たちが不当だと対抗して警察が出動したのが昨年11月以後すでに4回だ。

近隣にバーガーキングでもまた他のマクドナルド店にも老人たちがくるがこちらよりは空間が広くて問題になりはしない。

この日も警察に申告した馬小屋アンダーソン マネジャーは“ここはマクドナルドであって、シニアセンター(敬老堂)ではない。 他の顧客が席がないと払い戻しを要求した”と怒った。

管轄109警察署は警察がこのような店に出動する場合はほとんどのティーンエージャーの騒乱のためとし70代老人たちの席の争い仲裁(?)を苦しがっている。

ニューヨーク韓国人教会のチェ・某牧師は“韓国人老人たちが近隣シニアセンターで無料提供される韓国食べ物を食べてこちらに立ち寄る。 'ビッグマック'の臭いも楽しんで談笑を交わしやすいためだと話した。

ほとんどの一人身になった老人たちだが2年前韓国で移民にきたイ某(81)氏のように友達と付き合おうと探したりもする。 老人たちはほとんどのネクタイに洋服、セーターを着て中折帽を着用した断定した身なりをしている。

老人たちのために一部シニアセンターは碁を打つことができる休憩室と体操と英語講座教室を運営する。 最近あるセンターはマクドナルドの韓国人老人たち話を聞いて25セントにコーヒーを楽しむことができる小さいカフェも作った。

マクドナルド店で韓国と米国の政治の話など話を交わした二人の老人はタイムズ記者に警察によって無理に出て行ったのがすでに三回目だと話した。 毎度こうしたことを体験しながらなぜマクドナルドを探すのか答える代わりに“警察がくれば持ちこたえていたり、素直に出て行って彼らが行った後にまたくれば良い”と話した。

この記事に対して米国のネチズン読者らは340個に達するリップルを付けるなど熱い反応を見せている。 一部は老人たちに対する批判を加えたが“マクドナルドは老人たちを敬うアジアン文化に対して考えてみる必要がある”、“他の所は1.99ドルで最小2時間は座るように保障するのに20分を与えるというのが話になるのか?” “マクドナルドは今回の機会に老人のための別途空間を作ってイメージを良くする必要がある”という意見が走っている。



軍浦(クンポ)市、日本青少年に韓国正しく広報


軍浦市(クンポシ)、日本青少年に韓国正しく知らせること軍浦(クンポ)、国外姉妹都市アツギシと青少年.文化交流

軍浦(クンポ)と日本の青少年が両国の文化と歴史に対して正しく知るための交流の時間を持った。

軍浦市(クンポシ)は最近地域高校生6人を選抜、国外姉妹都市である日本アツギシに青少年.文化交流のための5泊6日間の訪問日程を進めた。

今回の交流の参加者はアツギシ青少年家庭に一名ずつ留まって、軍浦(クンポ)と韓国の文化そして韓国の歴史に対する正しい情報を知らせる電波者役割をしたとのことが市の説明だ。

またアツギシジュニア リーダーサークル会員20人と現地の多様な文化.自然施設を見学する親交の時間を持って韓国に対する肯定的なイメージを与えるなど民間文化?外交使節の役割を担当したという。

クァク・ユンガプ自治行政課長は“軍浦(クンポ)に住むこれは国籍や性別に関係なく全部一つの家族という認識をすべての市民が持てるように多文化政策を樹立.施行すること”としながら“体系的で効率的な政策推進のために最善を尽くす”と話した。

一方、軍浦市(クンポシ)とアツギシは去る2005年2月姉妹提携を締結した以後毎年数回公共.民間相互訪問交流を通じて友好を増進してきた。

特に青少年交流を活発に進行、両国の未来主役がお互いに対して正しく知って理解して肯定的.発展的関係を形成することができるように努力している。



済州産キャベツから散弾発見


日本に輸出した済州(チェジュ)産(山)キャベツで猟銃散弾が出てきて輸出が一時中断された。

11日済州(チェジュ)特別自治道によれば去る7日日本のある業者が済州(チェジュ)地域A営農組合から輸入したキャベツを売るために作業をしている間直径2㎜大きさの猟銃散弾がキャベツ葉の中に発見されたとし収入(輸入)を一時中断すると知らせてきた。

済州道(チェジュド)関係者は"済州(チェジュ)で生産されるすべてのキャベツを輸入しないということでなく散弾が発見されたキャベツを輸出した業者に対する輸入禁止措置"と説明した。

済州道(チェジュド)は狩猟に出た猟師が撃った猟銃散弾がキャベツ畑に落ちながらこの散弾がキャベツ葉の中に入ったと推定している。

このような通知を受けた済州道(チェジュド)は警察庁、農林畜産済州(チェジュ)検疫本部などと緊急対策会議を開いて再発防止対策を講じた。

済州道(チェジュド)は済州(チェジュ)産(山)キャベツを輸出する業者の作業場に金属類感知センサーラインを設置する一方農作物栽培地駅でなされる狩猟を防ぐために広報を強化する方針だ。



農薬を撤いて海苔を養殖


'農薬ばら撒いた海苔' 1千900t市中に大量流通(総合)

海上警察、養殖業者17人検挙…工業用塩酸使って農薬使用

農業振興庁関係者"農薬とてもたくさん使わなかったとすれば心配するほどいいえ"

(釜山(プサン)=聯合ニュース)チャ・クンホ記者=農薬をばらまいて海苔を養殖した後これを全国に流通させた海苔養殖業者などが海上警察に大挙検挙された。

南海地方(脂肪)海上警察庁は31日毒性が強い農薬をばらまいて海苔を養殖した疑惑(水質およびス生態系保全に関する法律違反)でキム某(58)さんなど養殖業者17人を不拘束立件した。

キム氏などは2011年から最近まで釜山(プサン)・慶南(キョンナム)一帯で養殖業をしながらケッピョン予防とチャプテ除去のために農薬を使った疑惑を受けている。

海では海上汚染と水中生態界保全のために農薬使用が禁止されている。

政府でもこのために補助金を支給して漁民に'海苔活性処理制'使用を推奨している。

だが、海苔活性処理制は酸度が薬害効能が期待に沿えなかったし漁民はその間工業用塩酸である'無機酸'をこっそりと使ってきた。

しかし無機酸使用に対する取り締まりが強くなってこれを求め難くなるとすぐに漁民が農薬を海苔活性処理制に混ぜて使って今回初めて摘発されたのだ。

海上警察調査結果これらが使った農薬はオ毒性3級と指定されている。

海上警察はこの農薬が人の皮膚にすぐに接触する場合、画像または、実名を起こすことができて摂取する時は嘔吐、消化不良、胃腸障害など致命的な危険を呼ぶことができると説明した。

海上警察はこれらが生産した養殖海苔1千900tが'水海苔'形態で水産協同組合を通じて偽版なった後多様な商標と加工製品で作られてマートと既存の市場を通じて全部消費されたと見ている。

農村振興庁のある関係者は"水でとても長く残留する農薬は最初から登録にならないので養殖業者などがでたらめに多くの農薬を使ったのではないならば該当製品を摂取したといっても健康に心配する必要がない"と話した。

海上警察は釜山(プサン)・慶南(キョンナム)一帯他の養殖業者なども農薬を使っていると見て捜査を拡大している。




  • 最終更新:2014-04-01 02:51:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード