東京都知事選情報6

【目次】

マック赤坂氏

政治団体「スマイル党」総裁
3度目の出馬で、うつ病対策などを公約に掲げる。

政策

恒久平和 軍隊の無い完全永久中立国宣言。自衛隊を災害救援隊に編成し核兵器のみならず全ての殺戮兵器の全面撤廃。非暴力非協力。
弱者救済 中小企業、貧困層、心身障害者すべての社会的弱者(マイノリティ)を救済。
  1. 教育革命
  2. うつ病革命
  3. 接客革命
  4. 恋愛革命
  5. 税制革命
  6. 選挙革命
  7. 議員・公務員革命
  8. 幸福革命

参考文献





姫治けんじ氏

本名、関口安弘。
建物管理会社社長
無所属で東京五輪を通した世界平和実現などを訴える。
平和党核兵器廃絶平和運動代表

参考文献





内藤久遠氏

元派遣社員
無所属で出馬し、五輪費用を大幅削減して歩道や自転車道の整備に充てるとしている。

政策

  • 五輪費用を大幅削減
  • 歩行者道路と自転車専用道を都内全域に充実させる
  • 防災対策・福祉

参考文献





ドクター・中松氏

本名、中松義郎。

5歳から発明を始めたという中松氏は、今年は発明活動80周年にあたると強調。2020年東京五輪開催にあたり、「発想力と世界への発信力を持つ人物が求められている。外国での知名度も、誰よりもある」

政策

「ドクター・中松ハウスの壁一面が黒、アンテナがあって、宇宙エネルギーを受けて、熱に変えている。ドクター・中松ハウスは、東電の電気を契約していない。宇宙エネルギーがあることを私はずっと言ってきたが、誰も信用していない」と話し、宇宙からのエネルギーを活用し、実践していることを説明した。
放射性廃棄物の解決方法について、中松候補は「どんどん溜まっているから考えなければいけない。その研究をしている」と、自身で独自の研究を進めていることを示唆。福島第一原発の汚染水問題についても、「研究はしている」と回答するも、解決方法については明言を避け、数多くの発明をしてきたドクター・中松候補でも難しい問題であることが露呈した。

参考文献




  • 最終更新:2014-02-10 05:38:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード