東京都知事選情報5

細川護煕元首相

東京オリンピック

東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)に出馬表明した元首相の細川護熙氏(76)が唱える2020年東京五輪・パラリンピックの「返上論」や「脱原発」の主張に、関係者の間で困惑が広がっている。

細川氏は、昨年末、径(こみち)書房から出版されたジャーナリストの池上彰氏の著書でのインタビューで、「オリンピックで金メダルをたくさん取るよりも、いまこの時代に原発をどうするかということのほうが、日本の将来にとってよっぽど重要な話のはずだ」と語り、五輪の「返上論」に言及している。

文部科学省幹部は「五輪返上となれば、国際的な信用を失い、東京では当面開催できなくなる」と懸念する。実際、1940年に開催を予定していた東京五輪は、日本が日中戦争を理由に辞退し、日本の国際的地位を低下させたという痛恨の歴史がある。

さらに、2020年五輪に合わせた新国立競技場やパラリンピック選手用のナショナルトレーニングセンターの建設構想などの全面的な見直しも不可避となる。政府の14年度予算案は過去最大の255億円のスポーツ関連予算を計上したが、「五輪がなくなれば、『無駄遣いだ』と批判されかねない」との声もある。

応援する方々

細川護熙元首相は2014年1月14日、小泉純一郎元首相との会談で、東京都知事選に出馬する意向を伝え、支援を要請した。小泉氏は応じる考えを示した。会談後、小泉氏は記者団に「細川さんの当選のために、私も積極的に頑張る」と語った。 

自民党が警戒

自民党は、細川氏と元自民党総裁の小泉氏の連携が取りざたされはじめたことを警戒している。「脱原発」が争点になれば党への逆風となりかねないためだ。

細川氏は1994年4月、東京佐川急便からの1億円借り入れ問題で首相を退陣した。自民党幹部は9日、猪瀬直樹前都知事が医療グループ「徳洲会」側から5000万円を受け取った問題で辞職した経緯に触れ、「徳洲会はダメだが佐川急便はいいのかね」と述べ、細川氏が出馬すれば1億円借り入れ問題を追及する考えを示唆した。

韓国が歓迎

日本の脱原発派が、来月9日に行われる東京都知事の出直し選挙に、細川護熙元首相(75)を推す動きを見せている。細川元首相が出馬した場合、国民的な人気が高い小泉純一郎元首相の支援も得ることができ、脱原発を掲げる東京都知事が誕生する可能性が高まる。

このブログの元記事
日 호소카와 前총리 "한일병합 강제된 것",연합뉴스2010.8.14配信・魚拓エキサイト翻訳はこちら

参考文献




  • 最終更新:2014-01-29 04:35:52

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード