朝日新聞 社内人材

「朝鮮高校の青春 ボクたちが暴力的だったわけ」という本

著者 金 漢一
プロフィール 父親は慶尚南道居昌郡出身で、1938年頃中国を経て日本に移住した。1964年生まれの在日二世。小中高の12年間を郡山市と仙台の朝鮮学校寮生として過ごしたのち1987年に英文朝日に入社し、製作部で勤めて、2000年に朝日の人材再配置過程で記者に専業。2002年の韓日ワールドカップを控えて、韓国のワールドカップ準備状況を取材する人材として抜擢される。現在はヘラルド朝日のスタッフライター。

この本の特筆すべき内容はこちらのサイトでどうぞ。

この本に関するアマゾンのカスタマーレビュー

2013-11-08_052822.jpg ←画像全てクリックで拡大できます。

2013-11-08_053150.jpg

2013-11-08_053218.jpg

2013-11-08_053308.jpg

2013-11-08_053236.jpg



スカウト名乗り女性をしつこく勧誘

東京都新宿区の路上でスカウトを名乗り、女性にしつこく声を掛けたとして、警視庁は2014年5月10日までに、都迷惑防止条例違反(しつような勧誘)の疑いで、朝日新聞長野総局記者の山田雄介容疑者(35)を現行犯逮捕した。

同庁によると、山田容疑者は「ナンパしたかった」と供述している。

逮捕容疑は2014年5月8日午後3時20分ごろ、新宿区新宿3丁目の路上で、女性に「スカウトですけど、興味ありませんか」などと言いながら約60メートルつきまとい、しつように勧誘した疑い。

朝日新聞社広報部によると、山田容疑者は当時、休暇中だった。「本社の記者が現行犯逮捕されたことを、重く受け止めています。事実確認を急ぎます」とコメントしている。

参考文献




木村伊量社長「韓国は日本の兄」

日本軍慰安婦問題と関連したいわゆる'吉田組で'誤報事態で日本保守勢力から強い批判を受けている日本朝日新聞の木村木村伊量社長は韓日関係と関連して"過去を冷静な目(雪)で、一点曇ることなく明るい目で眺めてこそ今後の未来も開かれるだろう"と話した。

木村社長は韓国言論振興財団と韓日未来フォーラムなどが主催した韓日言論人フォーラム参加のために東京を訪問した韓国報道機関と去る16日会って"韓日間に尖鋭に問題になることが慰安婦問題、日本では竹島と呼ぶ独島(ドクト)を囲んだ領土問題"としながらこのように話した。

彼は"日本国内には'韓国たたき'雰囲気が非常に今高まっている"としながら
"嫌韓など聞くことさえきまり悪い話が出るのに、これが日本全域に拡大していると話したくはないが一部保守右翼だけでなくこの頃は若者の間でも広がって憂慮するほどの事態につながっている"と伝えた。

彼は"韓国内でも日本に友好的心を持った人々が多かったが、最も頂点だった時点と比較すると今は急激に落ちた"としながら
"韓国内でも国粋主義的な雰囲気があることで報道に接している"と話した。

彼は"韓日は離そうとしても離すことはできない関係の国"としながら
"両国言論が行き過ぎた国粋主義的事態をよくコントロールする役割をして長い観点で見る時友好増進につながれるように努力をしなければならない。それがジャーナリストの役割"と強調した。

木村社長は引き続き"とても自国の自尊心をいえば互いに衝突する"としながら
"自尊心を前面に出した接近よりは尊敬を前面に出した接近に変えなければならない。互いに差を認めて見解を表現することが望ましい"と明らかにした。

それと共に"日本の文化は韓国の影響をたくさん受けた"としながら
"韓半島がなしで日本の文化が豊かになることができなかったと考える。そのようなメンで韓国は日本の兄格だ"と話した。

彼は"今後も韓国と連帯関係を篤実にしていくべきだということが私たちの信条"としながら
"東海、(日本が主張する東海の名前である)日本海を平和の海で作ろうという次元で朝日新聞もできることがないかを探さなければならなくて韓国言論も知恵を加えれば良いようだ"と明らかにした。

参考文献




  • 最終更新:2015-05-13 20:08:40

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード