日本のため 航空自衛隊

中国軍情報収集機が尖閣に接近

防衛省統合幕僚監部は2013年11月16日、中国軍のTu154情報収集機が同日午後、九州西方海域で日本の防空識別圏に入り、尖閣諸島(沖縄県石垣市)北方まで接近飛行したと発表した。航空自衛隊のF15戦闘機などが緊急発進(スクランブル)して対応し、領空侵犯はなかった。中国軍のTu154に緊急発進して対応したことを統幕が公表したのは初めて。

Tu154はロシア製のジェット旅客機を改造した情報収集機。航空機や艦艇、基地が発するレーダーの周波数などを探知する機能を備えており、自衛隊の電子情報を収集する目的だった可能性がある。

参考文献


  • 最終更新:2014-01-18 19:42:24

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード