拡散物件

静岡県御前崎市

竹島はどこの領土? 御前崎市職員 「答えられません。」 御前崎市日韓友好の正体
御前崎市役所に韓国の国旗

御前崎市に抗議をお願いいたします

御前崎市役所
電話番号:0537-85-1111(代表) 午前8時15分から午後5時

秘書政策課 電話0537-85-1161 FAX 0537-85-1136
hisho@city.omaezaki.shizuoka.jp

商工観光課 電話0537-85-1135 FAX -0537-85-1156
shokan@city.omaezaki.shizuoka.jp

参考サイト




中国韓国の沖縄独立工作

左翼が証言「活動資金は中国からもらってる」



青森県弘前市で在日外国人に地方参政権付与の方針?!

正気の沙汰? 葛西市長 (畑山 聡の「一隅を照らす」ブログより)

最新情報のようです。



【変なお辞儀】の正体は、韓国式お辞儀の「コンス」

おへそのあたりを両手で押さえて前屈みになる…
これは日本人のお辞儀の仕方ではありません。韓国式お辞儀の「コンス」です。
img_441463_11136521_0.jpeg

詳しくは以下のブログをご覧ください。

三越 → 1979年韓国ロッテ百貨店へ指導
 ↓       ↓
日本の   朝鮮式と混ざる
接客業     ↓(肘を張る)
(肘張らない) ↓
 ↓       ↓
今ココ ←← 侵略中(マナー教室を悪用)



間違った歴史認識を指摘すると「歴史修正主義者」呼ばわり

2ちゃんねるで、韓国や中国の慰安婦問題や南京大虐殺など、証明されてもいない間違った歴史認識を指摘すると指摘した人を「歴史修正主義者」というレッテルを貼って非難する、韓国・中国擁護の書き込みが多発しています。そこでこんな意見が…

左翼は今度は「歴史修正主義者」っていうレッテル貼りをするって、決めたんかな。
じゃ、こっちは「歴史捏造主義者」って言葉で対抗しようぜ。

いいな。
修正(捏造)してるのは向こうが先だし、単語としてキャッチーで理解しやすい。
流行らせた方がいいよ。

歴史捏造主義者=韓国、朝日新聞・・・

こっちは修正してるんじゃなくて、「そこ、間違ってますよ」って指摘だしね。
戦後何十年も問題なかったものを、突然変えたのは向こうだからw、
本当は向こうが修正主義者だw

面白いのはね、マスコミが決めた方針は、2chで先に現れる。
たぶん、ネット世論誘導工作業者やマスコミ関係者が書き込んでるんだと思うけど、
関連スレ界隈で突然湧き出した「理論」や「単語」を注意深く観察すると
関連に気づくことがある。

そして、早めにそれに対応すると、マスコミに出る頃にはすでに陳腐なものになっていたり、
2chで笑われる地盤が出来ていたりする。
それこそ時差だね。
メディアの番組は、収録→編集作業が必要だから。



一刻も早いスパイ防止法案設立が求められる




外国人優遇

中・韓人留学生約10万人が、総額、2620億円もの日本国民の血税の恩恵を受けている!
韓国・中国人留学生が大学に留学する場合
1)生活費/月額142,500円(年171万円)
2)授業料/国立大学は免除、公立・私立大学は文部省が負担(年52万800円:現時点)
3)渡航旅費/往復航空券支給 東京-北京 (片道111,100円×2)
5)渡日一時金/25,000円
6)宿舎費補助/月額9,000円または12,000円(年144,000円)
7)医療費補助/実費の80%
※上記 1)+2)+3)+5)=262万円 支援・支給額(4年で1051万円)で、『返済無用!』
・・貸与の奨学金すらもらえない日本人は多いが、韓国・中国人留学生は当然の支給と思っている




学校給食に中国食材

週刊文春2014年10月16日号(10月8日発売)が報じた「学校給食に中国食材!」を受け、東京・杉並区が8日、区立小中学校全65校の学校給食で、中国産食材を原則として当面使用しないと発表した。

本誌では、東京・神奈川68全市区の学校給食を所管する教育委員会に対して、(1)使用している中国産食材、(2)中国産食材を使用する理由、(3)中国産食材に関する安全管理の取り組み・検査体制についての3点をアンケート調査。杉並区教育委員会は「(給食食材を)各学校で購入していることから、教育委員会で食材の産地を把握していない」と回答したが、その後の本誌の調査で2013年4月以降、区内の小中学校であさり、いか、マッシュルーム、鶏肉など計17品目の使用実績が判明していた。あさり、いか、マッシュルームはいずれも食品衛生法違反事例の頻出食材である。
「学校給食の食材について」と題した杉並区教育委員会による文書

同区教育委員会は8日、区立小中学校65校の保護者に配布した「学校給食の食材について」と題する書面で、「より一層の安全を確保するためのシステムを構築する」とした上で、「(1)当面、代替可能な食材については、中国産の食材を使用しないこととします。なお、これに伴い、献立の変更を行うことがあります」「(2)全校に対して、輸入食材の使用状況に関する調査を行います」「(3)(1)の対応に伴い、給食費が不足した場合は、区から補てんします」と説明している。

参考文献




  • 最終更新:2015-03-02 20:06:22

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード