安倍首相 靖国神社参拝

安倍晋三首相は政権発足から1年となる2013年12月26日午前、靖国神社に参拝する。
首相は第1次政権時代に参拝しなかったことについて、かねて「痛恨の極み」と表明しており、再登板後は国際情勢などを慎重に見極めながら参拝のタイミングを探っていた。「英霊に尊崇の念を表するのは当たり前のことだ」と主張し続けた首相が、参拝に反発する内外の圧力をはねのけ、参拝を実行した意義は大きい。
戦没者をどう慰霊・追悼するかはすぐれて内政問題であり、東アジア地域で波風が立つのを嫌う米国も表立った反対や批判はしにくい。米国とは安全保障面や環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)など経済面での関係を強化しており、首相は反発は一定レベルで抑えられると判断したとみられる。

首相は午前11時30分過ぎ、同神社に到着。モーニング姿で本殿に昇り、参拝した。
首相は参拝後、記者団に対し、「政権が発足して1年の安倍政権の歩みをご報告をし、二度と再び戦争の惨禍によって人々が苦しむことのない時代を作るとの誓い、決意をお伝えするために、この日を選んだ」と述べた。
そのうえで、「中国や韓国の人々の気持ちを傷つける考えは毛頭ない。英霊の冥福をお祈りし手を合わせることは、世界共通のリーダーの姿勢だ」と語り、諸外国を含めて戦場で亡くなった全ての人々を慰霊する目的で靖国神社境内に設けられた鎮霊社にも参拝したことを明らかにした。
首相はまた、「恒久平和への誓い」と題した首相談話も、日本語と英語で発表した。

海外の反応

アメリカ
在日米大使館(東京都港区)は26日、安倍晋三首相の靖国神社参拝について、中国や韓国の反発を念頭に「近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を取ったことに米政府は失望している」とする声明を発表した。

米大使館声明全文
Statement on Prime Minister Abe's December 26 Visit to Yasukuni Shrine
December 26, 2013

Japan is a valued ally and friend. Nevertheless, the United States is disappointed
that Japan's leadership has taken an action that will exacerbate tensions with Japan's neighbors.

The United States hopes that both Japan and its neighbors will find constructive ways
to deal with sensitive issues from the past, to improve their relations,
and to promote cooperation in advancing our shared goals of regional peace and stability.

We take note of the Prime Minister’s expression of remorse for the past and his reaffirmation of Japan's commitment to peace.


安倍晋三首相の靖国参拝について、米主要メディアも速報した。
ニューヨーク・タイムズ紙は、靖国参拝が中国、韓国の怒りを買い、日本との関係がさらに悪化する懸念があると報じた。

ウォールストリート・ジャーナル紙は、安倍首相が最初の首相在任中に参拝できず、痛恨の極みだと考えていたと伝えた。

韓国
韓国外交省の担当部局は急きょ、会議を開いて対応を協議している。
韓国政府関係者は「参拝など絶対にあってはならない。日韓関係をどうしたいのか、とにかく理解できない」と述べた。

韓国政府報道官として非難声明を発表した劉震竜(ユ・ジンリョン)文化体育観光相は、「近隣国と国際社会の憂慮と警告にもかかわらず、戦犯を合祀(ごうし)している靖国神社を参拝したことは誤った歴史認識をあらわにし、日韓関係、北東アジアの安定と協力を根本から傷つける時代錯誤的な行為だ」などと指摘した。
歴史認識問題をめぐる韓国政府の立場は通常、外務省報道官が声明などで発表するが、格が上の政府報道官の声明発表は異例。安倍首相の靖国参拝を韓国政府が、極めて重く受け止めていることを示している。
さらに、韓国外務省の金奎顕(キム・ギュヒョン)第1次官は同日、一時帰国中の別所浩郎大使に代わり、在韓日本大使館の倉井高志総括公使を呼んで抗議した。

中国
中国外務省は「強く抗議し、厳しく非難する」との報道官談話を発表したほか、同省の羅照輝アジア局長は同省のブログで、「中国人は絶対に受け入れられない。(参拝は)新たに重大な政治的障害を生む。日本は引き起こした結果に責任を負わなければならない」と強く非難した。

中国外務省の秦剛報道官は26日、「両国関係の改善・発展に新たな政治的障害をもたらした。日本は一切の結果を引き受けなければならない」と対抗措置を示唆。同日、北京で予定されていた、小渕優子衆院議員を団長とする日中友好議員連盟訪中団と劉延東副首相の会談は中止された。
王毅外相も同日、木寺昌人駐中国大使を呼び、「強烈な抗議」を表明した。

台湾
台湾外交部の報道官は声明を発表し、「日本の政府や政治家には、歴史の事実と教訓に向き合い、周辺国の住民の感情を傷つける行為をしないよう求める」「東シナ海の緊張が高まるなか、それぞれが冷静に対応し、対立をエスカレートさせる行動は取らず、周辺国との友好関係を発展させ、共に地域の平和と安定を増進させることを望む」と呼びかけた。
台湾外交部の声明の内容は、これまで日本政府の閣僚が靖国神社に参拝した際に出したものと大きく変わらず、中国や韓国のような厳しい反応は示していない。

インドネシア
インドネシアで最も影響力のあるコンパス紙は、12月28日付の社説で安倍首相の参拝について、東シナ海の領土をめぐる日中の緊張が高まっているこの時期に行ったのは「適切なタイミングでなかった」としつつも、「(靖国問題で)自らを被害者と位置付ける中韓の主張は一面的な見解だ」とクギをさした。
同紙はさらに、「靖国神社には、現在は戦争犯罪者と見なされている数百人だけでなく、戦争の犠牲となった(各国の)約250万人も祭られている」と指摘し、国に命をささげた人々のために参拝することは日本の指導者として当然だとする安倍首相の立場にも言及した。

シンガポール
シンガポールのストレーツ・タイムズ紙(12月27日付)は、安倍首相が参拝に踏み切ったのは、これまで摩擦を避けようと終戦記念日や春秋の例大祭で参拝を見送ったにもかかわらず中韓が強硬姿勢を崩さず、「冷え切った中韓との関係に改善の見込みは少ないと見切ったためだ」との分析記事を掲載。中韓の敵視政策が逆に参拝の呼び水となったとの見方を示した。

シンガポールのストレーツ・タイムズ紙(4日付)の社説は、新藤義孝総務相の靖国参拝について、「安倍首相の参拝で再び開いた傷口に塩を塗り込むに等しい」と批判した。
また、靖国問題が解決されなければ、「独断的な中国が自身の愛国的路線を推進する道徳的根拠を与えてしまう」とし、中国の動向にも強い警戒を示した。
同紙はシンガポール政府の強い影響下にあり、先に参拝に「遺憾」を表明した政府に歩調を合わせたとみられる。

ベトナム
政府声明などで参拝の是非に言及せず、対話による問題解決を促すにとどまった。

インド
インドの元国家安全保障委員会事務局長補のラジャゴパラン氏は、「中韓の批判には正当性がない」と安倍首相を擁護する意見を発表した。
同氏は日本メディアの取材に対し、「どの国も亡くなった兵士に敬意を表する権利がある。安倍首相の靖国参拝は右翼的な行為ではなく、ましてや軍国主義復活をもくろんでいることはありえない」とした上で、「靖国を参拝した日本の首相は安倍氏が初めてではないが、中国の反発は今回が最も大きかった。これは、中国が経済発展により国際社会で台頭してきたことを示している」と指摘し、「1月26日はインドの共和国記念日で、安倍首相は国賓としてニューデリーの軍事パレードに出席する。日印は安全保障領域における協力関係をさらに拡大するだろう」と語っている。

フィリピン
フィリピンのラモス元大統領は同国の有力紙「マニラ・ブレティン」(4日付)に寄稿し、安倍晋三首相の靖国神社参拝に中韓が猛反発している問題で、フィリピンは中国に同調した日本批判をすべきでないとの立場を示した。
同氏は、旧日本軍の占領支配を「現在も遺憾に思う」としつつも、「われわれが中国と同様に悲憤慷慨(こうがい)したり、(日本に)厳しい態度をとるのは適当だろうか」と問いかけた。また、「恨みを抱き続けてわれわれの未来が危険にさらされてはならない」と強調し、参拝を問題視する必要はないとの姿勢を明確にした。


日本政府の対応

  • 岸田文雄外相は26日、米国のケネディ駐日大使と電話会談し、安倍晋三首相の靖国神社参拝について理解を要請した。ケネディ氏は「本国に伝える」と応じた。
在日米大使館が首相参拝について「失望」したとの声明を発表したのを踏まえ、岸田氏は、首相は不戦の誓いを新たにするため参拝したと説明したとみられる。中韓の抗議に関しては、政治問題として拡大しないよう努力する考えも伝えたもようだ。

  • 北京の日本大使館は26日、安倍晋三首相の靖国神社参拝を受け、対日感情の悪化が予想されるとして、中国の在留邦人に注意喚起のメールを出した。

また長期滞在者約5万7000人と中国最大の日本人コミュニティーを抱える上海市の日本総領事館も同日、上海市や江蘇省、浙江省などに住む日本人に対し、外出の際に安全確保に注意するようメールで呼び掛けた。

大使館は、現時点で抗議活動などの具体的情報はないとした上で「デモ行進などが発生した場合は近づかない」「日本人同士で集団で騒ぐなど目立った行為は避ける」よう求めた。

日本の反応

日本国民

  • 「涙が出るほど、うれしかった」。先の大戦で前夫と兄を失った東京都練馬区の片渕妙子さん(88)は安倍首相の靖国神社参拝実現を心から喜んだ。
前夫の中村輝美さん=当時(23)=と、兄の尾田泰一さん=同(21)=が犠牲となった。中村さんは海軍の飛行機で沖縄戦を偵察中に爆撃で、尾田さんはビルマ(現ミャンマー)で戦死。いずれも終戦を迎える昭和20年だった。
2人は靖国神社に祀(まつ)られている。「そこに魂があるから」と片渕さんは終戦の昭和20年から毎年、初詣と春、秋の例大祭、終戦記念日、中村さんの命日の5月31日に欠かさず参拝している。
国のために犠牲となった戦没者が祀られている靖国神社に、大半の首相が参拝しないのが不思議でしようがなかった。安倍首相が参拝する様子を自宅のテレビで見守った後、片渕さんは「総理大臣が参拝してくれましたよ」と、2人の遺影に報告した。
「やっと実現しました。(安倍首相は)勇気を出してくださったのでしょう。これで心のつかえがとれました」。片渕さんはほっとした様子で話した。

  • 多くの戦没者遺族が首相の参拝を心待ちにしていた。パラオ諸島で父の佐渡山安誠(あんせい)さん=当時(39)=を失った沖縄県うるま市の平川信子さん(74)もその一人。「国のために命を落とした人が祀られている場所に、首相が参拝するのは当然」と話す。
「留守番をお願いね」。父はそう言い残して戦地に向かい、帰らぬ人となった。当時のことを思い出すと、平川さんは今も涙が止まらないという。
毎年6月の沖縄戦の慰霊の日には行進に参加してきた。県内に残る遺骨を拾い、戦没者の供養を続ける。安倍首相参拝のニュースは外出先から戻った自宅で聞いた。
首相の靖国参拝問題が起こるたび、中国や韓国からは批判がわき起こるが、「首相が参拝することで、国民に平和の尊さを訴えることができる。そうした意味で、今回の参拝は意義がある」。平川さんはそう平和への思いを新たにした。

  • 26日朝に参拝を知って急遽(きゅうきょ)、靖国神社に来たという東京都東久留米市の無職、数野俊彦さん(60)。先の大戦などで叔父2人と大叔父を亡くしたといい、「今の日本があるのは悲惨な時代を耐えた先人たちがいたから。安倍首相にはよく来てくれたという思いでいっぱい」と涙ぐんだ。

  • 就職活動で長野県から上京していた大学院生の川口拓郎さん(23)は短文投稿サイト「ツイッター」でニュースを知って駆け付けた。参拝には間に合わず「残念」とがっかりした様子だったが、「戦没者に慰霊の気持ちを持つのはいいこと。若い世代も参拝についてもっと考えないといけない」と評価した。

  • 大阪市の大学4年、小川佳南さん(22)は「他国から批判もある中での参拝で、それなりの覚悟があったと思う」と首相の心情を察した。

一方、兄弟に戦没者がいる横浜市の主婦、笹川八重子さん(71)は「参拝するのが遅かったのではないか」と、この時期の参拝に疑問を呈した。東京都文京区の会社員、石井剛さん(59)は「諸外国への思慮が足りないのではないか」と眉をひそめた。

  • 安倍晋三首相が26日に靖国神社を参拝した後、自身のフェイスブック(FB)で参拝の「報告」を行ったところ、賛同を意味する「いいね!」の数が4時間あまりで3万件を超えた。首相のFBでの書き込みに対する「いいね!」は最近、多くても1万5000件程度だっただけに、靖国参拝は短時間で異例の高い支持を集めた。
首相は昼前に参拝した後の午後2時ごろ、FBに写真入りで参拝について「御霊安らかなれとご冥福をお祈り致しました」と報告した。「いいね!」の数は直後から増え続け、約1時間後に1万件を突破。午後7時前に3万件を超えた。
首相のFBはもともと人気が高いが、「いいね!」が2万件を超えることは珍しい。コメントの数も2000件を突破し、「よくぞ参拝してくれました」「ありがとうございます」といった肯定的な意見が目立った。

政界

「首相は平和を願い、国のために殉じられた御霊に心から哀悼の意を表する思いで決意された」と述べ、理解を示した。
「首相の真意が分かれば、外交問題への発展を避けることは可能だ」とも語った。
-自民党の石破茂幹事長

「一般論」と断った上で「政治家や閣僚が靖国神社に参拝するのは個人の心の問題」と指摘し、「こうした問題が政治問題化、外交問題化するようなことは避けなければならない」と述べた。
「国のために尊い命をささげられた方に対し尊崇の念をささげるのは大切だ」とも強調した。首相の靖国神社参拝は「承知していない」と語った。
-岸田文雄外相

「個人の信仰の問題であり、とやかく言うことはない」
-みんなの党の渡辺喜美代表

「国のために命を落とした先人たちに哀悼の意を表されたのは評価する」と述べる一方、「特定秘密保護法案やPKOでの弾薬の提供などの安全保障の問題とからまってくる時期での参拝のタイミングは、いかがなものか」と疑問を呈した。
中国や韓国からの反発が予想されることに関しては「きちんと説明をすればいい。政治問題化すべきではない」と指摘した。
-日本維新の会の松野頼久国会議員団幹事長

「日本のために命を落とした英霊に敬意を表するのは当たり前」と語り、安倍首相の参拝を支持した。
外交上の影響については「僕は一国の外交の責任を負うトップは外交的配慮をする必要がある考えているが、昨今の中国、特に韓国の態度や振る舞いをみれば、靖国参拝について配慮する必要はない。日本国内の問題だと言い切ればいい」と述べた。
-日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長

「先の大戦で亡くなった方の御霊(みたま)に哀悼の誠をささげることは、日本人ならごくごく自然にそう思うことだ」と述べ、安倍首相の参拝を支持した。
「国として先の大戦が正しかったとは全く思っていない。亡くなった人に対する哀悼とは分けて考えてほしい」とし、国としてもアジア諸国への理解を求める必要性を指摘した。
-日本維新の会幹事長の松井一郎大阪府知事

「過去の日本の歴史の負の側面とは一線を画すべきだ。日本の主体的な判断として大局的な立場にたって参拝を自重すべきだ」と述べた。
-民主党の海江田万里代表

「靖国参拝が政治問題、外交問題を引き起こすから賢明に対応した方がいい、避けた方がいいと繰り返し言ってきた。にもかかわらず参拝したことが今後、引き起こす問題を考えると残念だ」と批判した。
-公明党の山口那津男代表

「アジアの国々との関係を極めて悪化させる。国益に明確に反している。強く抗議したい」と批判した。
-社民党の福島瑞穂副党首

「侵略戦争を肯定、美化する立場に自らを置くことを、世界に宣言することにほかならない。第二次世界大戦後の国際秩序に対する挑戦であり、断じて許すわけにはいかない」と批判した。
-共産党の志位和夫委員長

経済界

経済界では一定の理解を示しながらも、ビジネス面への影響に配慮してか、参拝の是非に関する言及は避けた。

長谷川閑史経済同友会代表幹事(武田薬品工業社長)は「一国の首相が熟慮に熟慮を重ねて決められたことですから、責任もご自分でおとりになるでしょう。それ以上のコメントはありません」と語った。

小林喜光・経済同友会副代表幹事(三菱ケミカルホールディングス社長)も「ノーコメント。コメントを出さない理由はいろいろあるんだよ」とのみ語った。東京都内のホテルで記者団の質問に答えた。

日本商工会議所の三村明夫会頭は「安倍総理が熟慮された上でのご判断であると理解している。それ以外のコメントは控えたい」とのコメントを発表した。

関西企業

安倍晋三首相の靖国神社参拝を受け、関西企業にも影響への懸念が広がっている。2012年9月の反日デモによる工場の破壊や日本製品の不買運動が再燃したり、関西を訪れる外国人観光客が減ったりすれば、売り上げの減少や生産計画の狂いにつながるためだ。業績の回復基調に水を差す可能性があり、各社は今後の動向を注視している。

パナソニックは昨年の尖閣諸島(沖縄県石垣市)の国有化後の反日デモで中国の山東省や江蘇省の工場が破壊され、操業停止に追い込まれた。現在、中国事業が持ち直し、業績も改善しつつあるが、再び反日デモなどが起き、操業停止を余儀なくされるのではとの不安が膨らんでいる。

同社は「とりあえずは事態がどう動くか見守りたい」と静観する姿勢だが、中国勤務の従業員や出張者に対しては、最新情報を確認し、社外での行動に十分注意を払うよう注意喚起するとともに、中国の事業所や現地法人には保安、警備態勢の強化を指示した。

日本製品の不買運動で中国での売り上げが落ち込んだ大手家電メーカーの関係者は「現地メディアの報道で反日感情が高まれば、同じことが起きるかも知れない」と心配する。

中国人観光客らの利用が多い大阪の百貨店やホテルにも影響を心配する声が上がる。

ある百貨店関係者は「反日デモの直後こそ中国人の利用は落ち込んだが、最近は円安もあって盛り返してきた。韓国も含め、再び影響が出ないことを願うしかない」と話す。別の百貨店関係者は「訪日外国人の取り込みが収益力強化のカギを握るだけに、減少すると厳しい」と打ち明ける。

百貨店やホテルにとって購買意欲の強い中国人観光客の動向は業績に大きく影響する。ホテル関係者は「不安だが、事態を見守るしかない」と話した。

法曹界

日弁連の山岸憲司会長は26日、安倍晋三首相の靖国神社参拝について「国政の最高責任者である首相が一宗教法人である靖国神社を公式参拝することは、靖国神社への援助、助長、促進する効果をもたらし、政教分離を定めた憲法の精神に反する。誠に遺憾だ」との談話を発表した。

海上保安庁

中国公船による領海侵入が繰り返される尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺海域。安倍首相の靖国神社参拝により、中国側の挑発行為がさらに激化する恐れもあるが、海上保安庁幹部は「常に情勢に応じて、毅然(きぜん)と対応することに変わりはない」と静観の構えだ。

中国側は11月に突如、防空識別圏を設定しており、緊張感は高まるばかり。

海保は尖閣警備の長期化を視野に、平成27年度末までに大型巡視船12隻による尖閣警備の専従部隊を発足させる方針。

小野寺五典防衛相も26日の記者会見で、「これからも同様にしっかり警戒監視していく」と、これまでの防衛体制を続けていくことを明言した。

アメリカ大使館のフェイスブックに大勢の日本人が抗議した結果

超党派の日米国会議員連盟の中曽根弘文会長(自民)、同議連の小坂憲次幹事長(自民)、塩崎恭久事務局長(自民)らが8日、米国を訪問し、首都ワシントン近郊でアーミテージ元国務副長官と会談し、靖国参拝に当たり首相が出した談話を手渡し、首相の真意を説明。アーミテージ氏は「民主的に選ばれた主権国家の首相が選挙の公約を果たした。もう終わったことだ」と語った。

「失望」の本当の意味は…

米大使館のコメントは「Disappoint」(外交用語としては「心外」と訳すべきで、無関与を言外に秘めた用語です)と書かれており、もっと強い意味を持つ「Regret」(遺憾)とか、「Concern」(懸念)といった、抗議と関与を秘めた用語を使わなかったので、事実上は中立的発言ととらえるべきです。

実際上、経済面で、また大量に国債を買ってもらっている中国に気を使った発言ながら、言外に日本に対しては、一番軽い表現で逃げているわけで、これを「失望」と訳して、大騒ぎしたのは、日本のマスコミ界の、英語能力不足と、あるいは意図的な“自虐指向”の仕業だと考えます(ちなみに、ワシントンからも、同じ“心外”の用語しか出ていません)。―産経ニュース2014.1.12配信

「失望」…発信源はケネディ大使!?

日本政府内では、安倍晋三首相の靖国神社参拝をめぐりオバマ米政権が表明した「失望」声明について、発信源がケネディ氏だとの極秘情報も駆け巡っている。

disappointed

東京都港区にある米大使館。2013年12月26日、安倍首相が靖国神社を参拝したとの一報をスタッフから聞かされると、ケネディ氏はつぶやいた。
「disappointed(失望)」
そのときケネディ氏は米国政治に詳しい日本人有識者と面会中で、有識者はケネディ氏のつぶやきを聞いたという。

それから数時間後、オバマ政権は「失望」という声明を発表した。

オバマ政権で「失望」表明を主導したのはバイデン副大統領とされるが、「草案」はケネディ氏が唐突に発したつぶやきだった可能性がある。

鬼門は沖縄訪問

ケネディ氏は2月中旬、就任後初となる沖縄訪問を予定しているが、日本政府内では「鬼門」と警戒する声があがっている。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設について、ケネディ氏が無用な混乱を招く発言をしないか懸念しているためだ。

辺野古移設では、絶滅危惧種ジュゴンが辺野古周辺海域で確認されていると声高に訴える移設反対派もいる。
ケネディ氏は沖縄訪問にあたり、この時期の失言は致命傷となりかねないことを肝に銘じてほしい。

参考文献




  • 最終更新:2014-02-03 06:50:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード