外国(人)のために頑張る NHK

慰安婦問題で共闘

[寄稿-イ・チョルウ]慰安婦問題発想転換必要だ-国民日報から抜粋

米国は本当に妙なところだ。 アジアでは韓国と日本が間が冷たくてもマンハッタン真中で会えばたとえ話は英語でだが、いつのまにか同類意識を感じることになる。 このような出会いが度重なりながらいつのまにかNHK共同通信毎日朝日新聞など日本の主な報道機関特派員らと厚い関係を持つようになった。
NHKはニューヨークの慰安婦期リム費設立とニューヨーク州上.下院で通過した慰安婦決議案に対して詳細に日本視聴者たちに知らせてくれた。
この問題は韓米公共政策委員会のような米国の韓国人市民団体が米国社会と政界そして言論を動かして慰安婦問題が普遍的人権と女性の権威という米国の重要な民主主義的価値に違反する問題で浮上させて世論化して、日本言論を通じて日本の市民社会と政界に知らせて教育させて圧力を加えれば解決の糸口が見えることだと同意を集めた。

イ・チョルウ アメリカ韓国人総連慰安婦特別委員長

参考文献

上記日本語訳(恣意的訳を避けるため、エキサイト翻訳そのままを転載)


NHK WORLD(ワールド)の暴挙

こちらの記事をご覧ください。NHK WORLD(ワールド)の暴挙



  • 最終更新:2014-02-14 08:24:07

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード