外国(人)のために頑張る 個人

長野県建設業厚生年金基金の元事務長24億円横領

年月日 2005~2010年
容疑者 坂本芳信(55)

概要

長野県建設業厚生年金基金が2005~2010年に23億8700万円が使途不明金になり、坂本はそのうち6000万円を着服した業務上横領容疑で国際手配されていた。タイの入国管理当局が不法滞在容疑で逮捕し、2013年11月14日早朝に成田空港に到着することとなった。
捜査事情通の話しによると「長野県警は計約24億円を坂本が着服したとみています。逃亡前の坂本は次々と高級外車を乗り換え、200万円のスーツを着て月に1度上京。高級ホテルに宿泊して銀座で豪遊し、ホステス3、4人を連れて食事するなど、カネを湯水のように使いまくっていた。タイ人女性を含む複数の女性と親密な交際をしていたが、使い込みがバレそうになったため、2010年9月に逃亡しました。」との事。
基金が巨額の使途不明金を公表したのは2010年9月12日。坂本容疑者は、その3日前から行方がわからなくなっていた。
坂本容疑者の知人によると、坂本容疑者が逃亡する前の2005年頃から約1年間、東京・赤坂の韓国人クラブで親しくなった20歳代の韓国人ホステスに高額の生活費を渡し、赤坂のマンションに住まわせるなどしていた。
着服したカネでタイの女性に200万バーツ(628万円)を貢ぎ、別の女性に現金60万バーツ(188万円)と10万バーツ(31万円)のロレックスの腕時計を与えるなど散財した揚げ句、最後は家賃8000円のアパートに転落した。
地元関係者によると「その家賃も払えなくなり、交際していた女性に払ってもらっていたが、その女性に密告されて逮捕されました。長野県警は2012年12月、金融機関をだました疑いで東京・港区のファンド運営会社を家宅捜索。坂本は逃亡前に“視察旅行”と称してこの会社の社長と頻繁に海外に出かけていた。24億円は女に貢いだほかに、このファンドを経由してどこかに消えたのかもしれません」との事。

参考文献




中国人の女に不正に在留資格を取得させた

年月日 2012年9月
容疑者 砥上康二(66) 柏崎史帆(42) 湯国金(40)

概要

実体のないNPO法人で中国人を雇っているように装い、不正に在留資格を取得させたとして、出入国管理法違反などの疑いで日本人ら4人が警視庁に逮捕された。
会社役員・砥上康二容疑者(66)とNPO法人代表・柏崎史帆容疑者(42)、中国人の整体師・湯国金容疑者(40)ら4人。
4人は、2012年9月、NPO法人で雇っているとするウソの書類を東京入国管理局に提出して、飲食店従業員の中国人の女に、不正に在留資格を取得させた疑いがもたれている。湯容疑者が、中国人向けのサイトや中国語新聞の広告で、在留資格を求める中国人を集めていたようだ。およそ60万円の手数料を受け取り、ほかの中国人にも不法在留をあっせんしていたものとみられているが、
調べに対して砥上容疑者は、「在留資格の申請書類は作ったが、金はもらっていない」と容疑を一部否認しているという。

参考文献




中国人の不正ビザ取得手助け

年月日 2012年9月
容疑者 小松道子(57)ら二人

概要

中国人が不正に在留資格を取得するのを手助けしていたとみられる、男女2人が警視庁に逮捕された。

逮捕されたのは、横浜市の無職、小松道子容疑者(57)ら2人。小松容疑者らは2012年9月、すでに起訴されている男(66)らとともに、24歳の中国人の女について実体のないNPO法人で働かせると装って、不正に在留資格を取得させた疑いがもたれている。

参考文献




ジャズライブで日韓交流

北九州市を拠点に活動するジャズバンドが20日夜、韓国・ソウルのライブハウスで韓国人ギタリストもまじえた交流ライブをする。民間による文化交流を深めようと同市小倉北区の写真家、小川裕司さん(60)が設立した「日本−韓国リバーリンク・プロジェクト」が企画した。小川さんは「韓流ドラマの流行で蜜月期もあった日韓の文化交流が政治問題で冷え込んでいる。音楽を通して再び日韓のつながりを深めたい」と話している。

小川さんは海運会社の駐在員として2005年から3年間、ソウルに赴任した。言葉がうまく話せなくても、文化や生活を親身に教えてくれた韓国の人々の優しさに触れ、06年にはソウルの街を撮影した写真を添えたエッセーを出版した。

だがその後、国内ではヘイトスピーチや「嫌韓」との表現が飛び交うほど関係は冷え込んだ。「日本の中でもアジアに近い北九州から日韓関係をよくするアクションを起こせないか」。小川さんは友人と相談し、4月、韓国の現地スタッフを含め4人で「リバーリンク・プロジェクト」を作った。プロジェクト名は、ともに深刻な水質汚染を克服した北九州市の紫川、ソウルの清渓川(チョンゲチョン)にちなんだ。

最初のイベントとして企画したのが今回のジャズライブだ。出演するのは「井島正雄トリオ」で、ジャズベーシストの井島正雄さん(64)、ピアニストの上野香織さん(32)、ドラマーの出口成信さん(54)のメンバーと共に、ソウルの韓国人ギタリストも加わる。井島さんは「音楽に言葉や政治の壁は存在しない。国境や世代を超えて韓国の人たちと交流を深めたい」と期待を寄せる。

小川さんは今後、音楽だけでなく、絵やダンスなどさまざまな分野の人と一緒に交流の輪を広げていくつもりだ。「国の交流が難しい時こそ、草の根交流の意味がある。日韓の新たな文化の水流を生み出したい」と話している。

参考文献




韓国人から依頼受け虚偽の書類作成

韓国人から依頼を受け、無資格で確定申告書などの虚偽の書類を作成したとして65歳の男が逮捕された。

税理士法違反などの疑いで逮捕されたのは自称・会社役員の光成泰晶容疑者(65)で、2013年5月から7月ごろ、税理士の資格がないにもかかわらず韓国籍の男性から依頼を受けて法人税確定申告書などの書類を作成し、税理士業務を行った疑いがもたれている。

警察によると、光成容疑者の顧客はほとんどが韓国人で、在留資格を取得するために設立したペーパーカンパニーの確定申告などを請け負っていたとみられている。取り調べに対し、光成容疑者は「金を稼ぐためにやった」などと容疑を認めているということで、警察が余罪についても調べを進めている。

参考文献




中国籍の女と日本人との偽装結婚ブローカー

年月日 2013年6月
容疑者 平山東子容疑者(51)ら4人

概要

中国籍の女と日本人との偽装結婚の仲介を繰り返していたとみられるブローカーの女ら4人が警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは、東京・板橋区の平山東子容疑者(51)ら4人で、2013年6月、群馬県の会社員福田昇容疑者(62)と中国籍の芦秀梅容疑者(45)の婚姻届を群馬県内の市役所に提出し、偽装結婚させた疑いが持たれています。

平山容疑者は以前、結婚相談所を運営していて、中国人の間で、日本人を紹介してもらえるという話が口コミで広がっていたということです。

平山容疑者は容疑を否認していますが、警視庁は、7年間で40組以上の偽装結婚の仲介を繰り返し、3000万円近くの報酬を得ていたとみて詳しく調べています。

参考文献




不法就労手助けか、行政書士

年月日 2013年6月
容疑者 2014年1~11月

概要

無資格で会社設立登記の手続きをしたとして、京都府警は2016年1月27日、山末総合法務行政書士事務所(大阪市中央区)代表の行政書士、山末晋也容疑者(35)を司法書士法違反(無資格業務)の疑いで逮捕した。府警への取材でわかった。会社に経営実態がない一方、複数の中国籍の女性がこの会社で働くと称して入国したとして、府警は不法就労を手助けする目的だったとみている。

捜査関係者によると、山末容疑者は2014年1~11月、司法書士の資格がないのに、会社設立の登記申請書類を作成し、法務局に提出した疑いが持たれている。司法書士法は、他人の会社設立の登記手続きには、司法書士の資格が必要と定めている。

府警は昨秋、京都市内で風俗店を営んだとして、大阪市浪速区に住む30代の中国籍の女を風営法違反(無届け、禁止地域営業)と出入国管理法違反の疑いで逮捕。女は出入国管理法違反罪で略式命令を受けた。

参考文献




  • 最終更新:2016-02-28 08:00:18

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード