企業自体が実は外資あるいは経営者が外国人 資料

バーガーキング

リヴァンプは、ファーストリテイリング元副社長の澤田貴司氏(関連記事)と同元社長の玉塚元一氏が2005年10月に共同で設立した。流通業を対象にした企業再生ファンド、キアコンを運営していた澤田氏が同社を廃業して、玉塚氏とタックを組み、リヴァンプを立ち上げた。その後デルコンピュータ社長だった浜田宏氏(関連記事)が合流した。
リヴァンプは会社設立から1か月たった2005年11月、ロッテとの資本提携と同社の外食部門であるロッテリアの経営再建に着手することを発表した。2006年6月にはロッテと提携してクリスピー・クリーム・ドーナッツの日本進出に成功。一躍注目されるようになった。「3〜4年前に米国でこのブランドに出会った澤田が、いつか日本で展開したいと思っていた。リヴァンプを設立したあと、かなり早い段階で日本への進出計画を策定した」(玉塚氏)

しかしリヴァンプには、簡単には引き受けられない大きなハードルがあった。コンサルティングの仕事は1業種1社が原則だからだ。同一業種において利害関係を持つ複数のクライアントを同時に持つと、利益相反行為をしてしまう可能性がある。先に述べたように、リヴァンプはロッテリアの経営再建を担っている。ロッテを無視してバーガーキングの日本進出に手を貸すことはできない。もちろんそれだけではない。「新しい企業の立ち上げには資本が必要です。ある程度の資本力を持つところと組まなければできない」(玉塚氏)。

このハードルを越えるための策として玉塚氏が考えついたのが、ロッテと共同でバーガーキングを支援することだった。「マーケットに大きな力を持っているロッテの傘下で、『バーガーキング』をプレミアムバーガーとして位置づけ、別ブランドでやっていけば成功すると考えたのです」(同)

日本のパートナーを探すため来日したバーガーキング・コーポレーションのアジアパシフィック事業部門代表に会った玉塚氏は、その後すぐ、提携関係にあったロッテに「一緒にバーガーキングの日本市場進出に手を貸すことはできないか」と相談した。
ロッテはこの話に乗った。バーガーキングと組むことでシナジー効果があると判断したからだ。

参考文献

  • バーガーキングが日本再上陸、リヴァンプとロッテが支援[1][2][3][4],nikkeiBPnet2007.6.6配信・魚拓[1][2][3][4]



NHN PlayArt株式会社

NHN PlayArt株式会社(エヌ・エイチ・エヌ・プレイアート、英語: NHN PlayArt Corporation)は、韓国最大のインターネットサービス会社「ネイバー」の日本法人[1]。

2013年4月1日からLINE株式会社と新NHN Japan株式会社に分割され、NHN Japanはハンゲーム及びLINE GAMEなどのゲーム事業を担当[2]。2013年8月1日にNHN PlayArtに商号変更された[3]。

参考文献




韓国系コーヒーショップ

2000年前後から、スターバックスなど外資系フランチャイズの進出がはじまった韓国では、コーヒーおよびカフェ文化が広く浸透。その後、「EDIYA」、「カフェベネ」などの韓国国内チェーンが勢力を伸ばしはじめ、2013年~2014頃からはカフェ・ベンチャーブームが起きた。

中国紙『ホウハイ新聞』が伝えるところによると、中国国内で「カフェベネ」、「maancoffee」、「zoocoffee」など韓国系コーヒーショップが急増中で、すでに1000店舗に肉薄しているという。2019年までには2000店舗にまで増えるとのこと。うち、「カフェベネ」はアメリカ、フィリピン、インドネシア、マレーシア、シンガポール、台湾、モンゴル、カンボジアなどを中心に約1100店舗まで数を増やしている。すでに日本でも羽田空港や赤坂に出店しており、都市部での出店攻勢に出ている。

参考文献




KyoChon(キョチョン)チキン9月に日本上陸

韓国の人気フライドチキンチェーン「KyoChon(キョチョン)チキン」を展開する「KyoChon F&B」が、日本1号店を東京・六本木に2015年9月にオープンする。2016年末までに東京都内のほか香港、マカオ、シンガポール、台湾にも展開する計画という。韓国・聯合ニュースが伝えた。

KyoChonチキンは現在、米国、中国、インドネシア、フィリピン、マレーシア、タイに進出している。同社関係者は「KyoChonチキンはすでに東南アジアで『K-FOOD』として人気を集めている」として、今回の日本進出を機にグローバルブランドに飛躍すると意気込みを語った。

ただ、足元では日本に進出した韓国企業の撤退や事業縮小が相次いでいる。急激な円安の進行で価格競争力が低下しているうえ、日韓の政治関係の悪化で韓国製品の人気が下がっていることも要因とみられている。

韓国アパレル大手のイーランドが3月までで日本から撤退。韓国化粧品大手のアモーレパシフィックも日本の百貨店で展開していた高級ブランド「アモーレパシフィック」の販売を2014年11月にとりやめた。

飲食関係では、韓国最大のコーヒーチェーン「カフェベネ」は2013年12月に日本に進出したが、現在までに出店したのは都内の5店舗にとどまる。中国で2年間に600店舗を出店したのに比べると、出店ペースは鈍い。

また、韓国サムスン電子は今春日本で発売した新型スマートフォンで、「サムスン(SAMSUNG)」のロゴを外す異例の措置を取った。理由を明らかにしていないが、日本で人気が落ちている韓国メーカー製であることをふせることで、販売増を狙ったとの見方も出ている。

韓国企業にとって逆風が吹き荒れる日本市場への出店が、吉と出るか凶と出るか。「KyoChon(キョチョン)チキン」の動向が注目される。


参考文献

  • 韓国の人気フライドチキン、9月に日本上陸 サムスンですら社名を隠す逆風日本での勝算は?[1][2],産経Biz 2015.6.18配信・魚拓[1][2]



  • 最終更新:2015-06-21 21:26:17

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード