今後の動向を見守りたい企業

野村金融投資「今年は4%成長、韓国株買い時」

野村金融投資は韓国を保守的に見る証券会社として有名だ。2011年以降韓国の経済成長率を他の金融会社よりはるかに低く予想してきた。2013年の韓国の成長見通しは2.5%で、業界平均は3.2%だった。2014年は違う。野村は2014年韓国が4%成長すると予想した。業界の見通し平均3.5%だけでなく韓国銀行の3.8%、企画財政部の3.9%より高い見通しだ。

野村韓国の西野範彦代表は、「韓国は野村がアジアで最も最優先的に買いを推薦する国」と話した。6日と15日の2回会った西野代表は、「野村がこれまで韓国に対し保守的に見てきたのは内需不振のためだった。今年は不動産市場が再生して内需が回復し、輸出と内需の両翼で飛ぶことになるだろう」と説明した。

野村金融投資とは

野村證券の韓国法人、野村金融投資は2011年9月27日、韓国が通貨危機を迎える可能性はアジアで最も低いとの見通しを示した。同社のクォン・ヨンソン上級エコノミストが、野村證券の韓国進出30年を記念して行った記者懇談会で明らかにした。

参考文献




イトーヨーカ堂

小売り大手の英マークス&スペンサーはこのほど、今年8月末までに上海市と江蘇省で計5店舗を閉鎖すると発表した。マレーシア系大手のパークソン(百盛)も、中国ですでに7店舗を閉鎖。イトーヨーカ堂も北京市西城区の店舗を昨年12月末で閉鎖した。電子商取引(EC)の急成長を受け、外資小売り大手が経営戦略の変更を迫られている形だ。3日付東方早報が伝えた。
(中略)
イトーヨーカ堂も、中国区最高経営責任者(CEO)として初めて中国籍の人員を就任させた。米ウォルマートも同様に、中国区CEOに中国籍人員を置くなど、体制の変更を図りつつある。

参考文献




  • 最終更新:2015-03-23 20:38:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード