京都朝鮮学校公園占用抗議事件 裁判官

概要

「在日特権を許さない市民の会」(在特会)・「主権回復を目指す会」(主権会)・「チーム関西」に所属する活動家らが、京都朝鮮第一初級学校による勧進橋児童公園の不正占用に抗議するとして、2009年(平成21年)12月4日に同校校門前で街宣を行い、在特会・主権会側が威力業務妨害罪などに、初級学校側は都市公園法違反に問われた事件。

京都朝鮮第一初級学校による勧進橋児童公園の不正占用は50年以上続いてきたものであり、その間、近隣住民の使用の方が制限されてきた。
子供や保護者時にはお年寄りが使用している最中、ずかずかと入ってきて「授業で使用するから」と言って当たり前のように 追い出したのです。時に「幼稚園児の孫を連れたおばあさんを数人の男が取り囲んで、暴言を吐いて追い出していた」事もあったとか。(近隣住民による掲示板の書き込み証言)
そうした行為に対する抗議をした側が逮捕され、学校側に訴えられたのです。
(事件の詳しい経緯はWikipedia京都朝鮮学校公園占用抗議事件をご覧ください。)
学校側が用意した弁護士は98人。その中で名前が挙がっているのは今の所、村井豊明会長、塚本誠一弁護団長、具良[ク・リャンオク]弁護士(大阪弁護士会)の三人。
(弁護士に関しては「外国(人)のために頑張る弁護士」の京都朝鮮学校公園占用抗議事件項目を参照)
この事件の裁判長は橋詰均裁判長(京都地裁)です。

は金ヘンに玉


橋詰均裁判官

所属 京都地方裁判所部総括判事
異動履歴 S.60. 4.12~S.62. 3.31 大阪地裁判事補
  S.62. 4. 1~S.63. 3.31 札幌家・地裁判事補
  S.63. 4. 1~S.63. 4.1 札幌地・家裁判事補
  S.63. 4.12~H. 2. 7. 1 札幌地・家裁判事補、札幌簡裁判事
  H. 2. 7. 2~H. 5. 5.13 京都地裁判事補、京都簡裁判事
  H. 5. 5.14~H. 7. 4.11 東京地裁判事補、東京簡裁判事
  H. 7. 4.12~H. 8. 3.31 東京地裁判事
  H. 8. 4. 1~H.12. 3.31 神戸地裁判事、神戸簡裁判事
  H.12. 4. 1~H.14. 3.31 釧路地・家裁部総括判事、釧路簡裁判事
  H.14. 4. 1~H.17. 3.31 大阪高裁判事
  H.17. 4. 1~H.18. 3.31 神戸地裁判事
  H.18. 4. 1~H.21. 3.31 神戸地裁部総括判事
  H.21. 4. 1~H.24. 3.31 札幌地裁部総括判事
  H.24. 4. 1~ 京都地裁部総括判事


過去に扱った事件

加古川、心筋梗塞事件

2007年04月10日朝日新聞
「加古川市に3900万円賠償命令 心筋梗塞の男性死亡」

兵庫県加古川市の市立加古川市民病院で2003年、急性心筋梗塞(しんきんこうそく)で運ばれた男性が死亡したことを巡り、医師が効果的治療が可能な病院への転送を怠ったのが原因だとして、
妻ら遺族4人が同市を相手取り、慰謝料など計約3900万円を求めた訴訟の判決が10日、神戸地裁であった。
橋詰均裁判長は「効果的な治療を受けていれば90%程度の確率で助かった」として、請求通り約3900万円を支払うよう同市に命じた。

調べていただいたら分かると思いますが、医療関係の方たちから見れば、この時の医師の処置はパーフェクトだったそうです。
この事件をきっかけに日本の医療現場は崩壊して行きました。



  • 最終更新:2015-05-22 19:07:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード