アニメ

パリにあるフランス料理の一流レストランで、最近、日本人料理人を採用する所が増えている。
「日本人が働いているなら、美味しいし清潔に違いない」と評判になり、店が繁盛するのだという。パリ在住のフランス人から聞いた話である。
日本料理屋でなく、フランス料理店というのが面白い。フランス人というと「自国文化に絶対の自信を持っている」とみられがちだが、
どうやら、日本文化は例外のようだ。すしに代表される日本食は、米国以上にフランスで人気といえる。

食文化と並んで人気があるのが、日本のマンガとアニメだ。人気マンガのほとんどが仏語訳されて出版されている。
主要書店には、必ず日本のマンガとアニメの大きな売り場がある。マンガは青年、少年、少女などのジャンルに分けて売られているほど、種類が多い。

毎年7月ごろに開催される日本文化の総合イベント「JAPAN EXPO(ジャパン・エキスポ)」は今年も大人気で、4日間で来場者数は23万人強を数えた。
日本からはアニメやマンガ作者はもちろん、伝統文化や大衆文化の担い手が招待されて、実演や講演を行う。
今年は「北斗の拳」の作者、原哲夫氏や、ゆるキャラ「くまモン」や「ひこにゃん」も登場した。茶道や華道、書道、さらに空手、柔道、合気道などの紹介も行われた。

フランスが日本文化に魅了された初めは、浮世絵であろう。浮世絵が印象派に強い影響を与えたことはよく知られている。
フランスでの日本文化愛好(ジャポニスム)は2つの世界大戦の間の1920~30年代に全盛期を迎えた。
当時、ジャポニスム雑誌の編集者だったアルフレッド・スムラーは、レジスタンスに加わり、アウシュビッツの監獄につながれるが生き延びて、
戦後、日本特派員を務めた。彼は、戦後日本の政治状況について次のように語っている。

「日本の愛国者が置かれている状況は、戦中、われわれが置かれていた状況と酷似している。
外国(米国)の圧倒的な政治権力の圧迫下で、民族の独自性を取り戻そうと苦闘しているのが、日本の愛国者なのだ」
彼は、日本とナチス・ドイツとの間に、何の同一性も認めなかった。

仏左翼に型通りの反日論がないわけではない。しかし、ドゴールの片腕でもあった希代の知識人、アンドレ・マルローは日本文化の精神性を極めて高く評価した。
舞踊家のモーリス・ベジャールは三島由紀夫の自決に触発されて「M」という舞踊劇を創作した。
作家のベルナール・ミローは「KAMIKAZE」を著し、特攻隊の精神的高貴さを描き出した。
フランスの一流の知識人が、日本文化に寄せる熱い想いの一端がうかがわれる。

参考文献

【中韓サヨナラ…世界の親日国】フランス、日本文化に惚れ込む 浮世絵、アニメに柔道…日本食も人気[1][2],zakzak 2013.10.25配信・魚拓[1][2]



  • 最終更新:2014-01-21 11:34:06

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード